開けてみたらショウゲキでした!洗濯機のクリーニングを利用したシーロムのYK様


開けてビックリ「玉手箱」

開けてビックリ「玉手箱」

スーと気持ちよいほどきれいになりました

スーと気持ちよいほどきれいになりました

洗濯機の中が汚れていないか不安でした

ここに引っ越してきて1ヵ月になります。部屋を探して、この部屋を最初に見に来たとき、前の入居者はまだ住んでいるときでした。正直言ってあまりきれいではありませんでした。しかし、私が入居するに当たっては、オーナーさんが、壁紙を張り替えてくれたり、エアコンを新しいのに変えてくれたりと、良くしてくれました。しかし、ドラム式の洗濯機は前のままです。

洗濯をして洗濯物にニオイがついたり、黒いものが付いたりというのはありませんでした。が、洗濯機の中が汚れていないか不安でした。洗濯機のクリーニングはオーナーがしてくれるのか、自分でしなければならないのか契約ではハッキリしていませんでした。

ドラム式の洗濯機は技術者が少ないとか

でも、洗濯機の中が汚れているのはイヤなので、インターネットで調べて「すまいの便利屋さん」に、クリーニングをお願いしました。ドラム式の洗濯機はクリーニングできる技術者が少なく、日程を取るるのが本来は難しいとのスタッフの話でしたが、たまたまタイミングよく割と早く来てもらえました。
そしてクリーニングの当日。技術者は一つ一つまわりの部品を取り除きながら中のドラムをとりだしました。そしてそのドラムのカバーを外して見せてくれました。ショーゲキでした。そのドラムはヒドイ汚れでした。不安が的中してしまいました。

スーと汚れが取れていくのが見てて気持ち良い

技術者が高圧洗浄水をこの汚れたドラムにかけていくとスーとその汚れが取れていきます。「こんなに取れるんだ」それを見ていてとても気持ち良かったです。今までの不安だった気持ちをスーと消し去っていく感覚でしょうか。

この洗濯機を使って何回か洗濯したことなんか今は思い出したくありません。お陰で今はすっきりした気持ちで快適に生活しています。

2019年9月20日 タイ自由ランド掲載