経済活性化に屋台が復活?

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

 

現在、大通りや通り抜けができるソイでは、通り沿いの屋台等が制限されており、出店できない状態だが、小さなソイの中では屋台商売が許可されている。

ただ、このコロナ禍で個人営業の人の収入も減っており、生活に困る人も出ており、バンコク都では、屋台販売の許可を拡げる見通しで、さしあたり、この10月より、バンクンティアン地区の、ラマ2世のソイ69で45軒、パヤタイ地区のソイアーリー1で47軒、プラウェット地区のソイオンヌット70で55軒の屋台営業を許可するとしている。

 

2020年10月5日 タイ自由ランド掲載