日本行き26,000バーツも!


今年もタイではハイシーズンを迎える外国への旅行について、バーツ高により、タイ人の海外旅行は伸びており、今年は10%増となる見込み。

その中で、パッケージ旅行を取り扱うタイの旅行会社によると、ヨーロッパへの旅行も徐々に人気が出ており、オーストリアのウィーンへもタイ航空の直行便が出て、3万バーツ台後半で4泊7日のパッケージがあり、そのほか、イギリスや、オーロラが見られるロシア行きも人気という。

一方、一番人気の日本へは、 LCC の便も増え、1人26000~27000バーツで行け、これは6年前の5万バーツ以上かかった時の、半額に近い金額で日本に行ける。ビザなしで、パッケージ価格も下がっており、また今ではホテルや空港までの送迎以外は、自分たちで自由に行動する、というパターンなども多いとしており、2018年はタイ人の日本への旅行は113万人にのぼったが、今年は127万人に達する見込み。

2019年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


 

コメント

  1. 厳寒の地で着るような防寒着を売っているのにどこで着るのかと思っていましたが、北極圏くらいまで旅行に行く人には必要だからですね。オーロラを見に行くのは太陽活動を含めて、かなり天候に左右されますね。