地方都市での路線整備を、来年から新事業として始動

地方都市での路線整備、来年から新事業として始動

 

来年にタイ政府が行うメガプロジェクトについては8つの新事業があり、そのうち、地方での路線整備が盛り込まれており、ようやく、地方でのモノレールや路面電車等の建設が始まる見通しだ。

新事業の中には、プーケット、チェンマイ、コンケン、ナコンラチャシーマーの各都市での路線整備があり、それぞれ短期間で建設される方法で進められる見通しだ。

一方、タイ南部でマレーシア人の往来も多いハジャイについてもソンクラー県庁などによると、2022年にモノレールを開通するため、2019年より動き出す意向、としており、ハジャイ市内に12駅で、12kmに及び、事業費は161億バーツにのぼるとしている。

 

2017年11月20日 タイ自由ランド掲

->タイのニュース

->交通網の整備

 

 


 

 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報

 


 

コメント

  1. 各都市それぞれ地形や街の広がり方が違うので、どのような路線ルートになるのか興味があります。地方が活性化し、バンコク一極集中解消に繋がるといいのですが。

  2. プーケットの路面電車の予想図をみると、バンコクで走っているBRTと車両のデザインが似ていますね。BRTはほぼバスですけど、虫の触角のようなミラーの付け方がそっくりだと思います。