地下鉄延長は8月に無料開放、ヤワラート周辺は見どころあり


地下鉄延長は8月に無料開放、ヤワラート周辺は見どころあり

バンコクの路線整備については、ブルーラインの地下鉄延長、フアランポーン‐バンケーについては、すでに建設は終了しており、電気システムなどのチェックを行っていて、80%が完了、6月末までにすべてを終え、7月から試運転を始め、8月の1ヵ月間は無料で開放し、9月には正式オープンとなる見込み。

長14kmで11駅が建設されており、フアランポーン駅を過ぎて、ヤワラートを通るが、4駅が地下鉄でワットモンコン駅、サンヨット駅、サナムチャイ駅、イサラパップ駅など、地下の内装の見ごたえもあり、スクムビット在住の日本人でも一度、行ってみる価値がある。そして初めて、チャオプラヤー川の下を通る路線となるのも注目されている。

地上に上がって、ターミナル駅のタープラ駅、続いてバンパイ、バンワー、ペットカセム48、パーシーチャルン、バンケー、ラクソーンの各駅となっている。
徐々にシーメンス製の車両もタイに到着しており、来年2月までに35車両を輸入する。

 

2019年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 地下鉄フアランポーンからの延伸ですが、中華街を抜けるので今までたっぷり歩いていたところが地下鉄で行けるようになるのは感慨深いです。サナムチャイ駅からヨードピアンとか花市場に行くのが便利になりますね。