中国人の病院利用急増!

中国人の病院利用急増!

中国人のタイでの病院利用が増えている。エカチャイカーンペット社によると、2~3年前から中国人の利用が増え、特に35歳以上で、子どもができない人などが目立つという。

これは中国政府の2人目の子どももOKという施策以降に増えており、不妊症の人も利用者が増えているようだ。

このため、同社は中国側とエカチャイ・インターナショナル社をつくり対応しており、中国人の患者は70%にものぼるという。中国などでブースを設置し、整形手術のアピールを行っており、こちらも中国人に人気があるという。

最近は、中国のエージェントがタイの病院と組み、中国人向けのサービスを展開するケースも増えており、ウィパワディー病院はタイ北部のチェンマイで2000ライを持っており、すでにゴルフ場やホテルがあり、少ない投資で高齢者向け施設等も造れるため、中国の事業者らが共同開発に興味を持っているという。

 

2018年4月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

コメント

  1. 病院や成蹊クリニックもそのうち中国語の看板だらけになりそうですね。数が多い分、顧客として来られたらお得意様になるので、中国語を話せる医師や看護師も増えてくるでしょう。

  2. タイはメディカルツーリズムに力を入れており、将来的に中国人は最大の顧客となるでしょう。タイの整形手術の技術も高まっており、整形も韓国より安いタイで、ということになりそうです。