バンコク都内の路線整備で、モノレールは3年で完成へ!


モノレールは3年で完成へ!

バンスー~ランシットの路線については10駅が予定されており、工事は55%の進捗状況で、2020年のオープンを目ざしている。

続いて、昨年から工事が始まった、地下鉄のタイ文化センターからミンブリーの路線については、7.72%の進捗状況で、地下鉄と高架での建設となり、ラマ9世通りやラムカムヘン通りでは工事により渋滞は今後5年は続くものと思われる。オープンは2023年を目ざしている。

一方、ケーラーイ~ミンブリーの36km、30駅と、ラプラオ~サムローンの30.4km、23駅についてはモノレールでの建設となり、大幅に工期を短縮でき、両方ともすでに工事が始まっており、2021年のオープンを目ざしている。

一方、トンブリー側の、BTSクルントンブリー駅からクロンサーン市役所までの1.8kmについては、モノレールでの建設で、2019年の完成を目ざしている。チャオプラヤー川沿いで、タイ政府のバンコク展望タワーや、高島屋が入居するアイコンサイアムのオープンに伴って、その足として建設されるものだ。

そのほか、内閣の承認や入札が行われる段階の路線については、タオプーン~ラーブラナの23.6kmについては地下鉄10駅、高架7駅で、工事の入札の段階で、2024年のオープンを目ざしている。
また、タイ文化センター~バンクンノンの13.4kmについては、地下鉄11駅で、2025年のオープンを目ざしている。

さらに、バンケー~プッタモントンサーイ4の8kmについては、高架4駅で2025年のオープンを目ざす。

そのほかには、バンスー~ランシットの延長のランシット~タマサート8.9km、タリンチャン~シリラート5.7km、タリンチャン~サラヤー14.8kmについては今年の入札を予定しており、そのほか、サムットプラカーン~バンプーの路線も計画されている。

 


 

バンスー、タオプーンからの延長
バンスー、タオプーンからの延長については、チャオプラヤー川を渡り、渋滞が激しいチャランサニットウォン通りを通り、ヤンヒー病院やピンクラオ、そしてタイ文化センター行きへの乗り換えがあるバンクンノン駅、さらにターミナルとなるタープラ駅へと向かい、すでにほぼ工事は終了しているが、路線の電気系統の整備などで時間がかかり、オープンは2020年となる見込み。

 


 

BTSスクムビット線の延長

BTSスクムビット線の延長では、スクムビット通りをサムットプラカーン県に向かう高架路線で、すでにサムローン駅はオープンしており、残りの駅は今年末にはオープンの見込み。さらに今後、バンプーまでの5駅が建設される予定で、バンコクに出かけるのが容易になる。

 


 

地下鉄フアランポーン駅の延長

地下鉄フアランポーン駅の延長については、2019年のオープンを予定しており、チャイナタウンなども通り、チャオプラヤー川を地下で渡り、タープラ駅の手前から高架になるが、それまでの地下鉄4駅については、今までにない豪華な造りとなるとしており、ワットモンコン駅はモンコン(竜)をイメージしたものとなる。川向こうではタープラ駅で乗り換えができ、バンワー駅では現在のBTSと乗り換えとなり、この路線の主要道路はペットカセム通りを通る。近い将来にはプッタモントン・サーイ4までの延長が予定されている。

 


 

2018年5月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->交通網の整備

 


 

->路線整備の情報

->タイのニュースの情報

 

 

 


コメント

  1. 10年前の計画路線がほぼできていないので、工事が遅れるのはいつものことと慣れていますが、最近の路線工事ラッシュは目を見張るものがあると思います。ちょっと郊外に行くと高架工事だらけになっています。

  2. チャランサニットウォン通りの高架線は、2年前にほとんど完成していました。開業まであと2年かかるようですが楽しみです。フアランポーン駅からの延長で、チャイナタウンは観光客が増えそうです。