新築コンドミニアムの販売 不動産 ニュース バンコクの開発 タイのニュース バンコクの開発 新規コンドミニアム

フレッド・ディンデーンの再開発で、来年完成のコンドミニアムに移る

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

フレッド・ディンデーンの再開発、来年完成のコンドーに移る

老朽化した集合住宅の建て替え問題で、ディンデーン地区にある「フレッド・ディンデーン」について、当局では、2018年初めには、28階建てのコンドミニアムに280世帯が移れるとしている。家賃は以前と同じだが、メンテナンス料等が加算されるが、1カ月1500バーツ以下に抑えられる。残りの54室については新規に募り、30年間の賃貸で、30㎡の広さで1カ月8千~1万バーツの家賃か、あるいは170万バーツでの一括払いという。

同地区は、40~50年以上前に、公務員の集合住宅として建設され、今に至っているもので、子どもの代になり、公務員でない世帯も多い。

今後については、7年かけてこの周辺の整備を行い、159ライに及ぶ敷地で、88ライに高層コンドミニアムなど11棟を建設し、21ライにグリーンゾーンにするなど。具体的には、35階建て5棟、32階建て3棟などが建設される。移行者のほかは、新規の購入を受け付ける。

なお、老朽化した集合住宅があるクロントゥーイやボーンカイについても、このディンデーンと同じような再開発の方法で再整備する方向でいる。

 

2017年12月20日 タイ自由ランド掲載

->バンコクの開発

->タイのニュース

 

 


 

 

->大型開発の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-新築コンドミニアムの販売, 不動産, ニュース, バンコクの開発, タイのニュース, バンコクの開発, 新規コンドミニアム
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.