ビザ取得で医療保険の加入義務、60歳なら3万バーツの出費に


 

ビザ取得で医療保険の加入義務、60歳なら3万バーツの出費に

タイの入国管理局などによると、リタイアメントビザ(ロングステイビザ)をタイで取得する人、あるいは1年更新をしている人に対して、医療保険の加入義務を10月31日より施行するとしています。

タイで50歳以上で、80万バーツ以上の預金をしている外国人が取得できる1年ビザですが、医療保険では1年間で外来4万バーツ、入院40万円相当の保険をかける必要があり、掛け金は60歳ほどの人で3万バーツほどになるといいます。
海外保険などでかけてきたものではなく、ちゃんとタイ国内で加入したもので、その保険会社はlongstay.tgia.orgで13社を紹介しています。

ただ、タイでは75歳以上の人は医療保険に新規で入れないなどの制約があるため、そのあたりの法改正等が必要と思われます。

なお、医療保険の日本語での問い合わせは、下の広告参照で。

AIAの広告

タイ自由ランドの広告

 

2019年10月20日 タイ自由ランド掲載

 


コメント

  1. パシフィッククロスのホームページで年齢別の保険料金を見ることが出来ますが、若ければ若いほど保険料は安くなり、保険のお世話になることなく継続すると割引きがあるので早めに対策を取るのがお得です。