バス運転手の給料3万4千へ


タイのバンコクで、路線バスの運転手というと、並んだバスとスピード競争をしたり、事故を起こして、自分だけ逃げるなど、その資質が問われることも多いが、バンコク輸送公社(コーソーモーコー)によると、今回、初めて、外部の業者を使って運転手を採用することになり、入札で勝った業者から運転手が派遣される。

条件は給料が1ヵ月34647バーツで、22~65歳で、小学4年以上の学歴などとなっており、外部で調達することにより、福利厚生などの費用をかけなくて済むなどとしており、現在、5000人の運転手を抱えるが人手が足りず、6000人は必要としている。

 

2019年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

コメント

  1. バスは運転手の質だけでなく車両の整備もあまり良くないと思います。乗っているバスが故障して次のバスに乗り換えたことや扇風機が壊れたまま放置されているのも多いです。安全で快適というのがいいです。