エカマイのバスターミナル再開発はコロナで先延ばし

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

エカマイのバスターミナル再開発はコロナで先延ばし

BTSエカマイ駅のすぐそばに立地する東部行きバスターミナルの複合化、ミクストユースの開発については、入札はコロナ禍の中で、1~2年延びることになりそうだ。

広さ7・3ライを民間に50年貸し出す形で、バスターミナルの上にショッピングモール、ホテル、オフィスなどを建設するもので、事業費は125億バーツほどになるとしている。

以前、バスターミナルはバンナー周辺に移転する話もあったが、タイ大量輸送公社では、今あるところでの複合化を目ざしているが、バス運行によるスクンビット通りの渋滞などもあり、再考の可能性もある。

現在、バスターミナルは、パタヤやシラチャー、トラート、コサメット方面に向かう際のターミナルとして機能している。

 

2021年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

関連リンク