新築コンドミニアムの販売 不動産 ニュース コンドミニアム売買 タイのニュース 新規コンドミニアム

ウィスドム101の3棟目コンドミニアムが、1㎡14万バーツで3月販売

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィスドム101の3棟目コンドミニアム、1㎡14万バーツで3月販売

スクムビット界隈では高層コンドミニアムの建設が、BTS路線沿いに次々に進められているが、オンヌット駅より向こうの、BTSプンナウィティー駅近くのウィスドム101は、住居、商業、オフィスが一体となった空間で、43ライに高層コンドミニアムが3棟建てられる。

すでに2棟は販売済みでそれぞれ90%、80%という予約状況だが、3棟目のウィスドム・インスパイヤがこの3月から販売開始される。45階建ての500ユニットで、1㎡あたり14万バーツで、30㎡の部屋は400万バーツ、50㎡の部屋は7~800万バーツになる見込み。

すでにシンガポールや香港のエージェントが、100~200室をまとめ買いする交渉を行っており、1~2棟目もこれらアジア系の外国人で30%販売しているのが特徴だ。

同プロジェクトはマグノリア・クオリティーディベロップメントが開発しており、高層コンドーのほか、200店が集まるレストラン、販売店、スーパーマーケットのスペースや、そのほか、4万㎡に及ぶオフィス棟なども建設される。

周辺のランドマークとして、注目される物件となる見通しだ。

 

2018年3月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-新築コンドミニアムの販売, 不動産, ニュース, コンドミニアム売買, タイのニュース, 新規コンドミニアム
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.