インフラ整備に注目、BTS、CPグループが狙う

インフラ整備に注目、BTS、CPグループが狙う

EECのインフラの基盤となるのが、ドンムアン空港ースワンナプーム空港ーウタパオ空港を結ぶ高速鉄道で、まもなく、入札を開始する予定で、メインとなるのはスワンナプーム空港からウタパオ空港にかけての新路線の工事。

企業誘致をもくろむ県、チャチェンサオ、チョンブリー、ラヨーンを通る見通しで、ウタパオ空港までが第1期、そこからラヨーンまでが第2期の工事となる。

すでにBTSグループなども名乗りを上げており、他にも中国系と組んでいるCpグループなども興味を示している。

今年9月には契約を交わし、工事に入り、完成は2023年ごろを目ざしている。

なお、パヤタイ~スワンナプーム空港まではすでに開通しているエアポートレイルリンクがあり、パヤタイ~ドンムアン空港の計画は、すでに始動している。

 


2018年2月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

->EECの情報

->タイ東部経済回廊の情報

コメント

  1. 新しくできる路線は広い駅や眺めの車両などで快適な乗り物になるといいなと思います。BTSも地下鉄もエアポートレイルリンクも混雑時は駅に入ることも難しく、車両を増やしてほしいです。