イベント会場で消費者向けセール解禁!BITECの展示会、見本市

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

バイテックの展示センター

バイテックの展示センター

手前に駐車場が広がるバイテックの展示センター

手前に駐車場が広がるバイテックの展示センター

BITECの地図

BITECの催し

6月からイベント開催が許可されて、徐々にイベント会場での催しも出てきています。2万㎡以下という条件付きのため、大規模な催しでは、この規制がいつ解除されるのかなども焦点です。

スクンビット在住の日本人が行きやすいイベント会場といえば、 BTSバンナー駅からすぐのBITEC(バイテック)。普通なら、毎週のように家具のセールや様々なイベント、プロモーション、また製造業の見本市などが行われていますが、この新型コロナウイルスでイベントが禁止されていましたが、ようやくこの6月より許可が出て、徐々に動き出しています。

しかし、6月に開催予定だった製造系の展示会、見本市は軒並み延期されており、インタープラスタイランドやネプコンタイランドは12月14日~17日に延期され、またインターモールドは来年の開催となっています。

イベントが許可されても、 アセアンなどから売り込みにくる会社なども、外国人が入国できない状態なので、規模が大きくなるほど難しくなるようです。

そのため、逆をいえば、タイ国内での大型セールなど一般向けには出店者もタイ国内で、集客を見込めます。

軒並み延期されている中で、6月27日から7月5日まで開催予定なのが、ワールドフェアによるファニチャー・リビング&デザインで、家具のほか、アウトドア商品、キッチン、ベッド、電化製品、室内装飾品などがプロモーションになります。時間は午前11時から午後9時まで。

そして、7月になると同じくファニチャー&ハウスウェアフェアが7月25日から8月2日まで、そのほか、携帯電話、スマホなどのイベント、タイランド・モバイルエキスポが7月2日~5日まで、ベビー用品が最大80%引きになる第16回アマリン・ベビー&キッズフェアが7月9日~12日まで。まずはタイ国内での消費者向け販売イベントで徐々に動き出しているようです。

2020年6月20日 タイ自由ランド掲載