やっぱり一軒家がいい?300~500万で買える場所!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

やっぱり一軒家がいい?300~500万で買える場所!コロナあとの住まいは、一軒家やタウンハウスで、ゆっくり快適に過ごしたい!

プラスプロパティー社の消費者の動向調査によると、タイ人のコロナあとの不動産購入については、高層コンドミニアムより、低層か、一軒家、タウンハウス、タウンホームへの志向が強くなっていくという。

すでに都心では一軒家の物件を500万バーツ以下で買うことはできないが、近郊に行くと、路線沿線や高速道路のそばにあり、特にタイ人に人気の6カ所を上げている。

1 バンナー(バンサオトン‐バンプリー‐バンボー)は将来的な好立地で、どこに行くにも便利。一軒家でもまだ300~500万バーツのところもある。

2 ラマ2世(バンクンティアン‐サムットサーコン)は、タイ南部に行く玄関口で、こちらも300~500万バーツの物件がある。

3 ランシット‐ラムルーカーは、BTSの終点クーコット駅やレッドラインのランシット駅が開通予定で、にわかに注目を浴びていて、こちらも300~500万バーツ。

4 バンヤイ地区は、パープルラインの終点だが、300~500万、あるいはグレードの高い500~700万バーツの物件がある。

5 チェンワッタナ‐パックレットは、ピンクラインが工事中で、官公庁も多く、将来的に賑わうのは明らか。一軒家で500~700万、あるいは700~1000万バーツの物件が中心。

6 パッタナカン‐プラウェートは、こちらもスワンナプーム空港すぐそばで、潜在的に魅力のある地区。イエローラインが出来れば、さらに便利になる。500~700万、あるいは1000~2000万バーツの物件が中心だ。

2020年8月5日 タイ自由ランド掲載