ご自宅を心休まる内装に


ご自宅を心休まる内装に

サワディーピーマイ。 さて、皆様はソンクラーンをどのように過ごされましたでしょうか?

私は今年のソンクラーンは、とにかく「ゆっくりする」という事を第一に過ごそうと考え、ゆっくりするならビーチリゾート、ということでマレーシアのペナンへ旅行に行って来ました。

ソンクラーンと言っても、実際に休めたのは3日だけでしたので、出来るだけ近場でタイ国外のビーチリゾートということでペナンをチョイスしました。フライトを確定し、さてホテルを何処にしようかと考えた時に、ふと以前にある人とお話しをしていたのを思い出しました。その人曰く、「旅行に行くときってホテルが大切ですよね。食事は屋台など安くても美味しいところは幾らでもありますけど、ホテルの場合、価格と品質はかなり比例しますからね」と。確かにその通り。安宿でも、「まぁ、良いね」というところはありますが、「こりゃ良いねぇ~」となるところはまずありません。前者の「まぁ、良いね」は(値段の割に)という言葉にはならない前提が必ずありますし。

そう考えると、やはり「ゆっくるする」ためには、高級ホテルに泊まらざるを得ないということで、5つ星のホテルをチョイスしました。もちろん高いホテルですので、スタッフのホスピタリティーが良いのはさることながら、お部屋の内装が本当に良かったです。間取りの仕方、壁や家具・建具の使用部材、水回り製品に至るまで質感が違います。内装費用の平米単価もかなり高いだろうなというのが分かります。そうすると投資分を回収する為に宿泊費用が高くなるのも当然です。プールや海、バーやレストランなど、ホテルには付帯施設も色々とありますが、それでも最後に居心地を決めるのはお部屋の内装ではないでしょうか。おかげで「ゆっくりする」ことが出来ました。

皆さまのご自宅も内装次第で心休まる空間にすることが可能です。あらゆる内装のご相談は是非弊社まで。

 

2018年5月5日 タイ自由ランド掲載

-> 店舗内装のページ

コーサクセス社の広告

 


 

->コーサクセス社の情報

->内装工事の情報

->店舗内装の情報

 


コメント

  1. 自宅が落ち着かない色使いの内装だったり、使いづらいレイアウトの間取りだったら、あまり自宅に帰らなくなりそうですね。ある程度のレベルの宿泊施設で落ち着いた内装が主流なのは当然のことなのでしょう。