「ヤーム」の質が上がるのは歓迎


タイではセキュリティーは仕事として確立されており、タイ語で「ヤーム」などと呼び、日本語ではガードマンのことだ。

スクムビット界隈でも、アパートやコンドミニアムのガードマンがいるが、この資格について、この3月から条件が整備され、より狭き門となっており、現在、応募者が減り、5~10%不足している状態という。

その条件とは、まず登録制となり、資格としては中学3年卒以上、タイ人で、18歳以上、ガードマンとしての研修を終えていること、などとなっており、ガードマンのクオリティーが上がるのは、スクムビット界隈に住む日本人にとっても歓迎することでもある。

 

2016年620日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報