「オレンジハウス」に注文、自宅で調理して食べる!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

ここがポイント

オレンジクッキングボックス
週ごとに変わる献立700B+配達料30B~
①レバニラ/豚ニラ
②カレイの西京焼
③エビ焼売
④豚肉と木耳の卵炒め
⑤キュウリの中華漬け

新サービスを続々と開始している宅配弁当でおなじみの「オレンジハウス」。

お弁当やお惣菜のできあがったものは電話注文、自分で仕上げの調理をするものはラインで注文となっています。

ラインで注文する「オレンジクッキングボックス」は週替わりでメニューが変わります。新メニューも続々と登場しています。

コロナ禍で、さらにデモも重なるバンコクでは、外食は控え、早く帰宅してゆっくりするのがよい。そこで簡単な仕上げの調理をして出来上がりを食べられるオレンジクッキングボックスはお勧め。すべて具材は揃っていて、ダシしょうゆをからめたり、下ごしらえ済みの食材を揚げたり炒めたりするだけ。その素材を自宅まで届けてくれるから便利。ごはんを炊いて食べるのもよい。あるいはお酒のつまみにも最適。

さらに子どもの学校向けに、お弁当のおかずにピッタリな「オレンジデリカ」は、焼くだけの簡単なミニハンバーグやニンニクを使用していない餃子などもあります。以上のオーダーはLINEでお願いします。

一方、11月にはじまった新サービス「オレンジディッシュ」は、3種類のお惣菜セットで280バーツ(税別)。注文方法はお弁当と同じく電話で受け付けています。糖質を気にしている方、肉や麺類中心の食事、タイ料理ばかりで野菜不足が気になる方に食べていただきたいお惣菜を作りました。家に帰っての一杯のつまみにも最適です。コロナの状況で、店に寄らず、直帰される方も多い。そこで、バランスの取れたおかずをデリバリーしています。

 

2020年12月5日タイ自由ランド掲載

 

Google Map

 

関連リンク