起業

法律相談

ビジネスサポートタイランド・コラムの第63回は「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」について

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ビジネスサポートタイランド・コラムの第63回は「タイ人と国際結婚 タイで先に婚姻届け編その1」についてを紹介しています。
法律相談

ビジネスサポートタイランド・コラムの第62回は「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」について

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、ビジネスサポートタイランド・コラムの第62回は「タイ人と国際結婚 日本で先に婚姻届け編その2」についての記事を紹介しています。
ビジネス

売上が5万バーツまでの会社はビザ更新できない

  タイで長く滞在するためには1年の長期ビザが必要で、短期ビザを取って毎月、出入りするような場合は、入国の際、入国管理局で「次はちゃんとビザを取りなさい」といわれて、赤色でパスポートに書かれたりします。それで皆、ビザを取るわけですが、働い...
ビジネス

一番よい会社設立は!資本金500万バーツで設立

  タイのバンコクやシラチャーでの会社設立では、すでに多くの日本人が起業していますが、いかにして効率よく、節約して会社設立ができるかが重要だと思われます。 タイ自由ランドの事業部であるJJPアカウンティング社でも、会社設立を請け...
ビジネス

タイ自由ランド事業部では会社設立費用は約22万円

日本人が個人でタイに来て起業する場合、できるだけ効率よく、切りつめて、そして間違いなく進めて行きたい。 さて、労働許可証を1人分とってタイで会社を立ち上げるのにいくらぐらいかかるのか。タイ自由ランド事業部でかかる費用を割り出し...
ビジネス

資本金500万バーツ超えは預金を提示

  タイでの会社設立で、資本金500万バーツ以上の会社設立については、タイ人だけの株主であっても、全額の預金通帳の提示が必要で、その際の過去の履歴は必要なく、その時に入金されている銀行証明が必要となる。 一方、資本金500万...
ビジネス

会社設立、増資の手数料引き下げ

  タイでの会社設立の当局での手数料が大幅に引き下げられた。 タイ商務省(DBD)によると、この5月より、資本金額に応じてかかっていた手数料が一律5500バーツとなり、例えば、資本金500万バーツの会社をつくるのも、当局の手数料...
ビジネス

手数料引き下げで起業が容易に!

  タイでの会社設立の当局での手数料が大幅に引き下げられた。 タイ商務省(DBD)によると、この5月より、資本金額に応じてかかっていた手数料が一律5500バーツとなり、例えば、資本金500万バーツの会社をつくるのも、当局の手数料...
ビジネス

会社設立の初期費用は9万バーツ

  タイで会社設立した場合、どれくらいの費用がかかるのか?というのも起業する人は知りたいと思います。そこでここでシュミレーションしてみましょう。 ●日本人37歳の会社設立業務:インターネット関連の設置業務、ウェブ作成、SEO業務、クラウド...
滞在ビザ

タイ自由ランドでは90日ごとの出頭代行500バーツで代行しています

  90日以上、タイにいる外国人はすべて、3カ月ごとにイミグレーションへ出頭し、現住所を知らせる必要があります。代行もOK。パスポートにホッチキスでとめてある紙に期日が書いてあります。その前、2週間前から、あと、1週間以内に入管に出向...
喫茶

チェンライで起業し、アカ族の森でコーヒー農園経営

  チェンライを拠点に、タイ最北部の大自然の中で育んだ、コーヒーや日本米をはじめとした食品を販売しているオリエンタルファズ。 代表の今中健太郎さん(41歳)は、2009年よりチェンライに移り住み、現在の事業をスタートしました。...
料理

夫婦で起業し、韓国甘辛から揚げがヒットし、事業拡大

  タイでも韓国料理が人気で、フードコートなどにも韓国のブースがあり、キムチはすでに一般的にタイ人に食べられており、また石焼ビビンバの専門店なども街中にはある。 韓国風甘辛たれの唐揚げの「Bonchon」は都心にチェーン展開して...
起業、会社設立、会計、経理

労働許可証の取得、更新で業務内容でひっかかるケース

タイで労働許可証を取るというのは比較的、簡単にできてしまいます。会社をつくって、税務登記をして、4人の従業員を揃えれば、それでOK。もっと難しいのかと思っている日本人も多いと思いますが、本当に簡単に取れてしまいます。 しかし、その...
ロングステイ

経費を切り詰めてタイで起業、結婚ビザを利用するのもよいでしょう

タイでも景気の低迷が続いていますが、日本からタイにやって来て個人で起業する日本人は、今後も増えていくと予想されます。その理由は、株主3人で簡単に会社ができるため起業しやすい、また、タイ法人ならば日本人に縛りのある職種が少ない、まだまだ日本と...
タイのニュース

ビザ取らず、APECのビジネストラベルカードで90日滞在

タイで会社をつくり、日本から1ヵ月に1度やって来て、ビジネスをやっている日本人の知り合いがいる。ご存じのように最近、入国に際して税関ではうるさく、その人も同じように「何度も入国しているようだが、次はビザを取りなさい」とタイ側で言われ...
タイ関連コラム

タイ人の起業で、ごはん屋さんは利益4万バーツ

景気が低迷する中、地方などでも工業団地のなかの仕事を辞めて、タイ人向けのラーメンやごはん屋さんを開くタイ人も多い。 ラヨーン県のマプタプット工業団地のすぐそばは、海が広がり、最近はタイ人向けのレストランなども次々にオープンしている。その...
ロングステイ

ビザ取得、更新が厳しく !名義借りで査察も!

この5月より、タイでの滞在のビザ更新が厳しくなっているので注意したい。 タイで長期滞在している人の中では、就労ビザ(Bビザ)で働いている人も多いが、当局への会社の提出書類も厳しくなっており、従業員が規定数4人に達していない場合や、名義借...
起業、会社設立、会計、経理

ビジネスサポートタイランドコラム第2回、「タイでの起業について」

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。コラム第2回のテーマは、「タイでの起業について」です。 つい先日も西洋人から「タイでレストランを開きたいが初期費用はどのぐらいかかる?」と質問されました。一般的な回答しかでき...