山小屋ラーメン

ランチ

筑豊らーめん山小屋はとんこつラーメンの原点の味わい

  現在バンコクに6店舗を構える筑豊らーめん山小屋。日本人によく利用されているのは、タイの一号店であるトンロー店、ビジネスマンが多いオールシーズンプレース店、タニヤ通りにも近く観光客も多いスリウォン店、そしてシーロム通りのバンコク銀行の後ろのソイ5にあるトリニティ店です。 山小屋のとんこつラーメンは、コクはあっても濃いという感じではなく、とても飲みやすいバランスの良いスープで、幅広い層から支持されています。タイに進出して10年以上が経ち、タイ人にもすっかりお馴染みの味となっています。 麺は自社製で、スープとの相性や食感など、こだわりを持って作られています。餃子も自社製です。 山小屋ではFC加盟店募集中です。未経験で開業OKです。サポート体制は万全です。興味のある方は、お問い合わせください。   2018年9月20日 タイ自由ランド掲載 -> 山小屋の公式ホームページ -> 山小屋のページ -> ラーメン、中華 > 厳選 ! ラーメンにこだわる店 > 1人ごはんも快適!夜の定食ト...
ランチセット

筑豊ラーメン山小屋はラーメンのセットメニューが豊富

  バンコクに6店舗を構える九州筑豊ラーメンの「山小屋」。創業時から守られ続ける本場のとんこつラーメンは、タイ人にも広く受け入れられています。 山小屋のタイ進出1号店は、日本村近くにあるトンロー店で、店前と近くの駐車場に停められるから車でも行きやすいです。 先日、トンロー店でランチを頂きました。山小屋ラーメンとご飯ものを組み合わせたセットメニューも豊富で、今回は餃子とラーメンのセットを頂きました。 余計なものを一切加えていな山小屋のラーメンは、豚骨そのものの持つ旨味とコクをじっくり味わえます。豚骨スープと言っても、意外なほどマイルドで、自社製の細麺はこのスープとの相性抜群です。 餃子も自社製で、皮にしっかりとした弾力があり、具材をしっかり閉じ込めていますが、同時に口どけも良いのが特徴です。 山小屋ではFC加盟店募集中です。未経験で開業OKです。サポート体制は万全です。興味のある方は、お問い合わせください。   2018年8月20日 タイ自由ランド掲載 -> 山小屋のFacebook -> 山小屋のページ...
とんこつラーメン

筑豊らーめん山小屋はとんこつラーメンの原点の味

現在バンコクに6店舗を構える筑豊らーめん山小屋。 先日、オールシーズンプレース店で、とんこつ塩麹ラーメン(180B)を頂きました。 外から見るより奥行きの広い店ですが、ランチタイムということで、ほぼ満席でした。オールシーズンプレースや近隣のオフィスで働くタイ人や欧米人が、入れ代わり立ち代わり入って来るのを見ると、とんこつラーメンはタイで市民権を得たという感じがします。 とんこつ塩麹ラーメンは、普通のとんこつスープに、さらにコクを加えた味わいで、細めの麺はこのスープにはぴったりです。コクはあっても濃いという感じではなく、とても飲みやすいバランスの良いスープです。 山小屋ではFC加盟店募集中です。未経験で開業OKです。サポート体制は万全です。興味のある方は、お問い合わせください。 2018年5月20日 タイ自由ランド掲載 -> 山小屋のFacebook -> 山小屋のページ -> ラーメン、中華 ->とんこつラーメンの情報 ->ラーメンの...
料理

筑豊らーめん山小屋で FC加盟店募集中

  バンコクへ進出して11周年を迎え、さらなる歩みを続ける筑豊ラーメン山小屋。ヨーロッパの初の店舗となるロンドンにもオープンし、ますます国際的に拡がりをみせています。 日本に113店舗、海外に47店舗展開する山小屋は、どの店舗においても、清潔感、調理のスピード感、心地よい接客マナーを徹底させており、家族連れや女性一人のお客様でも気兼ねなく来店できる店づくりを進めています。 山小屋ではFC加盟店募集中です。未経験で開業OKです。サポート体制は万全です。興味のある方は、お問い合わせください。 人気の「山小屋ラーメン」は、山小屋の原点を味わえる一杯です。シンプルなとんこつラーメンで、全体のバランスがとても良い。細めの麺もこのスープにはぴったり。 奇をてらった味ではなく、誰もが安心して食べられる優しいどこか懐かしい味わいになっています。 山小屋はカレーも人気メニューで、小腹が空いたときなどに便利です。 まとまった数のお弁当を承っています。 また山小屋タイランドは、日本の牛肉産地の牧場と提携し、高品質の肉をタイの食卓にお届...
タイ関連コラム

山小屋ラーメンの創設者、緒方正年会長が海外出店の功績で東久邇宮国際文化褒賞

昨年バンコクへ進出して10周年を迎え、次の10年へ向け歩みを続ける筑豊ラーメン山小屋。昨年はヨーロッパの初の店舗となるロンドンにもオープンし、ますます国際的に拡がりをみせている。 22歳のときに、一念発起しトラック運転手からラーメン屋に転身し、九州を中心に日本で100店舗以上を有する一大チェーンに成長させた山小屋ラーメンの創設者、緒方正年名誉会長(69歳)に話を聞いた。 一番大変だった時期を尋ねると、それは最初の3年間という。とにかく最初の3年間は毎日、朝から晩まで、ずっと美味しいといってもらえるラーメンのことだけを考え、工夫と改良に没頭していたそうだ。 無我夢中でやっているうち、気がつくと店に行列ができており、自分よがりの味ではなくて、お客さんの舌が一番正直という確信を得たと話す。 一昨年、緒方会長は、国内のみならず海外への出店を積極的に進め、九州・福岡・筑豊を代表する食のブランドを築き上げた実績が認められ、東久邇宮国際文化褒賞を受賞された。 東久邇宮国際文化褒賞は、飲食業界では緒方会長が初受賞ということで、連絡があったときは、...