フランス

ニュース

フランスの高級ベーカリーレストランPAULがタイ人向け給料3万バーツ以上の層狙う

  フランスからの高級ベーカリーレストランとして、タイでフランチャイズ展開をしている「PAUL」。 エンポリアムやセントラル・エンバシーに出店しているが、女性のウィチュダー統括マネージャーによると、今までは60~70%が外国人の顧客だったが、今後はタイ人客の開拓にも力を入れていくとしている。 20~30歳代のビジネスマンやOLらを中心に、1ヵ月の収入が3万バーツ以上の層をターゲットにしており、昼間のランチボックスのデリバリーなども開始する。 また、フランス語だったメニューを英語も加え、タイ人が来やすい環境を整えており、トンロー通りの8トンローにも出店、今後の新店ではウィスドム内、アイコンサイアム、メガバンナーなどへの出店が決まっている。 出店に加かかる費用は、小規模なもので1000~1500万バーツ、大規模店では3000万バーツほどをかけているという。 2018年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
ニュース

フランスが市内鉄道やEECへの投資に興味

  中国と日本が中心となりEECへの投資が進んでいるが、タイではヨーロッパからの誘致も進めており、フランスもEECへの投資に興味を持っている。 現在、フランス側が政府と企業とで検討している事業は、ドンムアン空港‐スワンナプーム空港‐ウタパオ空港を結ぶ220㎞の高速鉄道の建設で、そのほか、コンケン市内、プーケット市内、チェンマイ市内で進められる市内鉄道の建設にも投資を検討しているという。 2018年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報