免税店

ニュース

空港のデューティーフリーショップの権利引き続きキングパワー社独占

 タイ空港公団の発表によると、さきごろのスワンナプーム空港でのデューティーフリーショップの販売の権利については、キングパワー・デューティーフリー社に決定。獲得得点は94点で、1年での収入は154億バーツを見込んでいる。 次点はバンコクエアウェイズとロッテの連合で83点、85億バーツだった。 続いて、プーケット、チェンマイ、ハジャイの3空港でのデューティーフリーショップでの販売の権利についても、キングパワー社に決定、獲得得点は96点、1年での収入予想は23億3100万バーツだった。次点はロイヤルオーキッドホテルなどのグループで86点、20億1200万バーツだった。 続いて、スワンナプーム空港での商業区域の管理の権利についても、キングパワー社に決定、獲得得点は95点、収入見込みは57億9800万バーツ。次点はセントラルパッタナーで80点、30億バーツだった。 それぞれ、この7月中旬には契約を結び、権利は2020年9月28日から2031年3月31日までとなる。同公団は1ヵ月ごとに総収入の20%を徴収する。 現在、スワンナプーム空港のデューティーフリーショップの収入は60...
ニュース

やはりキングパワーが強い!入札に敗れたロッテは・・・

  スワンナプーム空港のデューティーフリーショップ(免税店)は、今まで独占権を得ていたキングパワー社がそのまま継続することになる模様で、入札2番手だったバンコクエアウェイズとロッテの連合は敗れ、地方3空港のプーケット、チェンマイ、ハジャイ空港でのデューティーフリーショップの権利も同じく、キングパワー社が勝ち取る見込みで、こちらでは入札3番手だったロッテ連合はまた、事業を獲得できない見込みです。 今回、キングパワー社の独占が崩れ、他の企業がデューティーフリーショップの権利を獲得するかが焦点でしたが、結局、タイの純粋な大手企業がそのまま継続する見込みで、世界で免税店を運営するロッテは、それに食い込むことはできなかったことになります。 空港の事業権を狙っていたロッテは、2年前にラマ9世通りとペップリー通りの間にあるショッピングモール「ショーDC」に免税店をオープンしており、現在の様子を見に行ってみましたが、こちらも戦勝記念塔近くのランナム通りにあるキングパワーの免税店と大きく明暗を分けていました。 ショーDCは、韓国がテーマのモールで、約4万㎡の広い売り場面積に、韓国のブティ...
レジャー

9月までその場でVAT還付延長、中国人旅行者がねらい

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、9月までその場でVAT還付延長、中国人旅行者がねらいについての記事を紹介しています。
ニュース

エンポリアム、セントラルなどでVAT返還がその場でできる

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、エンポリアム、セントラルなどでVAT返還がその場でについての記事を紹介しています。
ニュース

空港のデューティーフリーの契約はキングパワーのほか、ロッテが名乗り

  タイのデューティーフリーショップといえば、キングパワー社で、昨年のプレミアリーグ・サッカーの優勝チーム、レスターシティーのオーナーが、このキングパワー社のオーナー一族である。 スワンナプーム空港を取り仕切るタイ空港公団によると、同空港内での免税店の販売で、キングパワー社との独占契約は2020年9月までとなっており、そのあとの契約は入札になるものと見られ、今年末には参加を募り、来年中には決定する見通しだ。 その中で、入札に加わるだろうとされているのが、大手のロッテ・デューティーフリー。アジアでナンバー1のデューティーフリーショップである。 すでにラマ9世で、SHOW DCの中の1万㎡でロッテ・デューティーフリーがオープンしているが、名実ともに認められるのは、スワンナプーム空港の契約を勝ち取ってからとなる模様。 そのほか、もちろんキングパワー社も継続して、契約を希望すると見られるが、そのほか、ショッピングセンター大手のセントラルも「すべての業種で興味がある」としており、またこちらも大手のザ・モールは「新ビジネスに興味がある」と、どちらも虎視眈々...