野村不動産

新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産がトンローでホテル事業

  野村不動産と組んでタイで不動産開発を行うオリジン・プロパティー社の勢いが増している。 すでにケンシントン、ナイトブリッジ、ノッティングヒル、パークなどのコンドミニアムなど、45のプロジェクトで、720億バーツにのぼっており、さらに、ホテル、サービスアパート、オフィスビル、コミュニティーモールの建設を計画している。 同社のピラポン社長によると、ホテル事業にも力を入れるとしており、2019年にオープンを目ざしているステイブリッジスィート・トンローは、303室のホテルで、25億バーツの事業費。 一方、ステイブリッジスィート・チョンブリーシラチャーは、2020年のオープンを目ざし、400室のホテルで、事業規模は28億バーツ。 そのほか、ホリデーイン・シラチャーレムチャバンも2020年オープンを目ざし、347室のホテルで、事業規模は22億バーツ。 ステイブリッジスィート・トンローは、野村不動産との共同事業で、オリジン側51%、野村側49%で新会社を設立して取り組んでおり、そのほか、9つのコンドミニアム建設なども共同で行うとしている。 ...
2018.01.26
新築コンドミニアムの販売

オリジン&野村不動産によりトンローで「パーク」開発へ

  シラチャー~レムチャバンでもコンドミニアム等の大型開発を手がけ勢いを増すオリジン・プロパティー社だが、トンローのソイ10のアリーナ10でもハイクラス向けのコンドミニアムの開発を手がけ、来年には建設に取りかかる見通し。 事業規模は110億バーツにのぼり、プロジェクト名は「パーク」。 同社によると、子会社のオリジン・パーク1社を資本金100万バーツでつくり、その49%の株をパートナーの野村不動産が買う形となり、3億9746万3500バーツを現金で支払ったという。 日本の大手不動産のノウハウや技術を生かし、トンローでも開発を進めていく計画だ。 2017年11月20日 タイ自由ランド掲載 - ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2017.12.08