タイ人旅行者

ニュース

タイ人の台湾観光が急増、ビザなしOKで29%増

タイ人の日本行きは海外旅行の一番人気だが、近場で手頃な価格で行けるとタイ人に人気なのが台湾だ。2016年に19万人だったのが、2018年には32万人に急増、さらに今年は昨年の29%増の勢いで、タイ人が台湾に観光に行っている。 2016年から始まったタイ人のフリービザでビザなしで入国できるようになったことが大きいが、今年で切れる予定だったが、2020年7月31日までフリービザが延長された。 一方、以前は30日間まで滞在できたが今ではフリービザによる滞在は14日間までとなっている。 フリービザにより、台湾へ売春に行くタイ人などの問題も増えたが、観光客の数が急増しているので、その問題はかき消されている状況だ。 2019年10月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.11.02
ニュース

日本行き26,000バーツも!

今年もタイではハイシーズンを迎える外国への旅行について、バーツ高により、タイ人の海外旅行は伸びており、今年は10%増となる見込み。 その中で、パッケージ旅行を取り扱うタイの旅行会社によると、ヨーロッパへの旅行も徐々に人気が出ており、オーストリアのウィーンへもタイ航空の直行便が出て、3万バーツ台後半で4泊7日のパッケージがあり、そのほか、イギリスや、オーロラが見られるロシア行きも人気という。 一方、一番人気の日本へは、 LCC の便も増え、1人26000~27000バーツで行け、これは6年前の5万バーツ以上かかった時の、半額に近い金額で日本に行ける。ビザなしで、パッケージ価格も下がっており、また今ではホテルや空港までの送迎以外は、自分たちで自由に行動する、というパターンなども多いとしており、2018年はタイ人の日本への旅行は113万人にのぼったが、今年は127万人に達する見込み。 2019年10月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2019.10.12
ニュース

タイ人の日本旅行10%増

バーツ高などにより、日本へ旅行に行くタイ人も増えており、タイ観光協会などによると、チケットも最大で20%引きの状態といい、エアアジアの東京、大阪行きは、2730バーツからで買える。このため、昨年、日本行きは113万人だったが、今年は10%以上増える予想だ。 また、徐々に自分たちでチケットを買うタイ人が増えており、全体の30%にのぼっているが、まだ70%はグループツアーという。また、こちらも人気のヨーロッパへのツアーは10%引きとなっており、4~5万バーツが中心。 2019年7月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報  
2019.07.28
ニュース

ペナン島でタイ人観光客を誘致

  タイ南部から近いマレーシアのペナン島で、タイ人の観光客誘致を行っています。昨年はタイ人が190万人訪れ、前年比4.3%増で、今ではネットでチケットやホテルを予約し、簡単に自分たちで行けるので、そういった若い層をターゲットに誘致をはかっています。 キーワードは「レトロ」で、レトロな雰囲気を味わってもらいたいとしており、世界遺産の街、ビーチリゾートなどをアピールして、タイ人の観光客を取り込んでいくとしています。 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.07.13
ニュース

タイ人は海外旅行でマラソン?

  タイ人の海外旅行熱は一段と高まっており、日本などへもリピートするタイ人も多いが、KNTトラベルによると、マラソンを愛好するタイ人が、日本でのマラソン大会に合わせてツアーを申し込むケースもあり、それに対応しているという。 例えば、今年12月1日にある大阪マラソンでは、100人のタイ人が予約したという。そのほか、8月25日の北海道マラソン、そして河口湖の周辺で、富士山の絶景と紅葉が見られる富士山マラソンが11月24日にあり、そのパッケージ旅行に申し込むタイ人もいるという。   2019年5月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.06.08
ニュース

今年は1000万人が海外へ!

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、今年は1000万人が海外へ!の記事を紹介しています。
2019.05.14
ニュース

タイ人も気軽に体験留学3か月で2 2万円

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、タイ人も気軽に体験留学3か月で2 2万円の記事を紹介しています。
2019.05.14
ニュース

タイ人の日本への旅行は100万人へ

タイ人の日本への旅行は年々増加しており、日本政府観光局(JNTO)によると、今年1~6月で60万人を突破し、今年1年では100万人を突破するのは確実で、アセアンの中では初めて100万人を突破することになる。 タイ・アジアでは札幌や名古屋の就航もできるようになり、タイ人は中部地方へも人気があるので、急増に拍車をかけている。さらに来年はラグビーのワールドカップが開催予定で、2020年にはオリンピックが開催されるため、さらにタイ人の日本旅行への増加が期待される。   2018年8月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報    
2018.09.07