くだもの

ニュース

ドリアンの輸出が倍増!中国人需要に頼ってよい?

  輸出しているタイのくだものでナンバー1はドリアンである。2018年は301億バーツで前年の37%増。今年は1~3月の間だけで、昨年の同期の2倍以上といういう勢いだ。 主な輸出先は1位中国、2位ベトナム、3位香港、4位台湾、5位アメリカとなっており、この1~3月だけで、中国へは25億バーツとなっている。 チャンタブリー県のくだもの関連協会によると、グレードAで1㌔140~150バーツ、グレードBCで90~100バーツで取り引きされており、需要増に合わせて、ドリアン生産に切り替えるところも30~40%増えており、今は中国の需要があるが、この先、2~3年後には大量にドリアンが余る恐れもあり、インドなどの輸出先を開拓することが必要と話している。 中国人の需要増とともにタイのほか、マレーシア、カンボジア、ラオスなどもドリアン生産に力を入れている。   2019年6月5日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
2019.06.16
ニュース

タイのくだものを中国へ輸出

  雨季を迎えて、この時期はタイのくだものが出回る時期だが、タイ商業局によると、中国、香港の市場が拡大しており、ネットでの販売も急速に伸びているといい、また、アリババの参入だけでなく、他の中国の業者も直接、タイに買い付けに来ているという。 現在、タイのくだものの輸出の50%は中国だが、ドリアンや乾物のラムヤイが主で、そのほかのくだものはまだ拡大できるとしており、マンゴスチン、ソムオー、マンゴー、バナナ、パイナップル、マプラオ、リンチーなどを広めていきたいとしている。   2019年3月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->タイのニュースの情報
商品

「日本へマンゴー」4月受付

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、「日本へマンゴー」4月受付についての記事を紹介しています。
2019.04.09
商品

甘いマンゴーを日本へお届け

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、甘いマンゴーを日本へお届けについての記事を紹介しています。
2019.01.28
ニュース

ドリアンをネットで中国に販売

  中国では、タイのくだものでいうと、ドリアン、マンゴスチンが人気だが、ネット販売大手のアリババグループは、タイの農協と直接、取り引きし、くだもの農家からドリアンやマンゴスチン、ラムヤイ、マプラオ、サワロットなどを購入し、中国内で販売するという。 仲介業者を介さずに産直での購入を目ざし、ラヨーン、チャンタブリー、トラートなどの農協と協議しており、7日以内での配送、10%以内の損失、20%以上の前払いなどが契約に盛り込まれ、まず2019年からドリアン80万個を購入し、Tmall.com などで販売する見通しという。   2018年6月20日 タイ自由ランド掲載 ->タイのニュース ->ネットショップの情報 ->タイのニュースの情報
2018.07.13
ニュース

くだもの大国タイのEEC!ブランド化でプレミアムに!

  くだものビュッフェというのがあり、タイ東部のチャンタブリーなどに行く、1日ツアーで、在タイの日本人も行ったことがある人もいるだろう。 同地区には多くのくだもの農家が点在し、一般向けにくだものの摘み放題や食べ放題などを実施しているところも多い。 今回、タイ商務省でお墨付きをもらったのは「世界にはばたくタイのくだもの!まずは、この4月からドリアンをブランドネームに」というもの。 くだもの王国のタイで、プレミアムでクオリティーの高いくだものをブランド化して、提供していこうというもので、まず、ドリアン、ラムヤイ、マンゴスチンから始めることになった。 これらのくだものが多く取れるタイ東部のチャンタブリーは、外国企業の誘致を行なっているEECのすぐそばで、タイ商務省ではラヨーンのスマートパークに拠点を構えて、タイくだもののブランド化を推進していいきたいとしている。 ドリアンのブランド化については、モントン種というよりも、タイのドリアン、という振れ込みで世界に浸透させたいとしており、果肉のしっかりしたものを選別したいという。 今年は9...
2018.03.09