韓国からモール出店、2年で400店が目標

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

KDOO KOREA MALL

KDOO KOREA MALL

韓国からの小売業KDOO KOREA MALL(ケードゥーコレアモール)がタイで今後、出店を加速する。

同モールを運営するケードゥーター社によると現在、バンコクではペッブリー通りのグランドダイヤモンド・プラトゥーナムと、シーナカリン通りのパラダイスプレイスに出店しており、パラダイス内は新しくオープンし、売り場は7000㎡に及び、ファッション、生活用品、化粧品、インテリア、カバン、鞄、ギフト、フードなどを扱い、韓国からの商品も多く販売しており、2000ブランド以上、そのうち80%がファッションで、ZARA、MANGO、H&M 、ESPRIT、韓国ファッションのZOOC、CODES、VIKI、BOMBINK、スポーツのNIKE、PUMA、REEBOXなど。

イベントスペースも設けており、1日に1000人ほどの客を目安としていて、1人の消費額は900~1000バーツほど。

現在はまだ2店だが、この2年ほどの間に400店を目標としており、自社による出店、フランチャイズによる出店の2形態で、広さもコンパクトな50㎡~200㎡以上からでの出店としており、現在もロビンソン内での出店を交渉中だ。

 

2020年8月5日 タイ自由ランド掲載