Mokoley 釣りツアー レジャー タイで釣り

釣りのMokoley(モコリー)でタイならではの魚釣りを体験!

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

釣りのMokoley(モコリー)でタイならではの魚釣りを体験!

春休み中に日本からご家族やご友人がタイを訪問されるご予定のある方は多いと思います。

どこに連れて行ったらいいか?なにか日本ではできない体験をさせてあげたいとお考えの方、日本では釣ることのできない、珍しい魚を釣りに行ってみませんか?

1.バラマンディー釣り

数あるタイの釣り堀でルアー (疑似餌)での釣りの代表格はバラマンディー釣りです。日本にも同種類の魚で、『赤目』と呼ばれている魚がいますが、幻の魚と言われているほど希少な魚です。タイのバラマンディーは管理釣り場ですと、比較的簡単に釣ることができます。お勧めはバラマンディーを養殖している池で釣らせてくれる場所です。養殖池のバラマンディーは、食用として飼育されている魚を出荷するまでの成長期間中池のオーナーが釣らせてくれる仕組みです。

釣り堀のバラマンディーと違い、釣られることへの警戒心が少ないので、比較的釣りやすい釣り場になります。

2.メコンオオナマズ釣り

体の白っぽい巨大なナマズを抱えている写真を皆さんも少なからず一度は目にした経験があると思いますが、これがメコン川に生息しているメコンオオナマズです。

大きいものになると100㎏をゆうに超す巨漢の持ち主です。バンコクのいたるところに大なり小なり、たくさんのナマズ釣り堀があります。

メコンオオナマズは通常練餌を団子にして針を中にひそめて、団子が割れないように竿の反動を使って遠くに投げ入れます。 待つこと数分で竿が水に引きずられてしまうような引きがあれば、そこからは魚との力比べです。魚を見事引き上げることができたら、定番の魚抱っこでの写真撮り。日本のお友達にも自慢の写真が撮れること間違いなしです。

3.アマゾンフィッシュ

アマゾンに生息している魚を気候が似通っているタイで養殖、釣り堀で釣らせてくれる場所があります。こちらは魚が貴重なため、釣り代はかなり高額になりますが、タイにいる間に一度は釣ってみたいと釣り人が願う、幻の古代魚、ピラルクがいます。

現地アマゾンで、天然のピラルクを見ることは非常に難しくなってきている現在、一番釣れる可能性が高いのはタイの釣り堀かもしれません。
ピラルクの他に、レッドテールキャットフィッシュ、アリゲーターガー、コロソマといった怪魚がごろごろいます。

4.ジャイアントスネークヘッド(タイ名:チャドー)

管理釣り場でなく、天然環境での釣り場が大好きという方にぜひおすすめなのが、チャドー釣りです。朝の静けさの中に船を出し、魚の気配を感じながらのハンティングのような釣り方は、魚と人間の一騎打ちの対決のような緊張感があります。

特に表層に出てきた魚を仕留めるのは、口では言い表せない感動を味合わせてくれます。

タイで過ごすご家族との思い出の1ページにぜひ釣りをする1日を加えてみてください。

 

2018年3月20日 タイ自由ランド掲載

-> 釣りのMokoley(モコリー)のホームページ

-> 釣りのMokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 釣りのMokoley(モコリー)の広告

 


 

->Mokoleyの情報

->釣りの情報

->釣りツアーの情報

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Mokoley, 釣りツアー, レジャー, タイで釣り
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.