空港の混雑解消へ、中国人、インド人の手続き簡素化



空港の混雑解消へ、中国人、インド人の手続き簡素化

日本と同じようにタイでも観光客が増えてくると、空港での混雑が大きな問題となっており、どのように入管の手続きを簡素化するかが課題となっている。

そこで、タイの入国管理局では、中国やインドなど20カ国が、タイに入国する際に、ビザ代2000バーツがかかるのを、11月15日から1月13日まで無料としており、また、それ以後についても今後、タイに旅行で来る前に、ネットで事前に申請できるとしており、申請書類、航空券、パスポート、手数料2000バーツで申し込むが、ネットでの申請代が別途525バーツかかる。

のち、Eメールで入国許可が送られてきて、それをプリントして、タイでの入国の窓口では 入管のE-VOAを特別に用意していて、そこで提示すればスムーズに入国できるとしている。

事前申請のサイトは www.evisathailand.comで、中国人やインド人などの空港での混雑が、他の国の人へも影響するため、これらの国の人をスムーズに入国させることが必要としている。

 

2018年12月20日 タイ自由ランド掲載