次の100年につながる 「より開かれた日本人会」を目指して 来年は 猪 突猛進の年


次の100年につながる 「より開かれた日本人会」を目指して 来年は 猪 突猛進の年

 

日頃より、タイ国日本人会の活動にご参加、ご協力いただきまして、ありがとうございます。

タイ国日本人会会長の島田厚でございます。

2018年もあと数えるほどとなりましたが、皆様におかれましては、今年はどのような1年となりましたでしょうか。

今年の4月の定期総会で会長2期目を再選いただき、「より開かれた日本人会」を目指して、共通の関心事・趣味をもっている人に集まる場の提供、1人でできないことを日本人会の組織力を活用して実現することを基本コンセプトとして、取り組んでまいりました。

皆様には、30の同好会や11の青少年サークル、すくすく会、懇和会、婦人部などの部・同好会活動、500人以上参加の餅つき大会やソフトボール大会、チャリティーバザーなどのイベントをはじめ、各部の運営、英検や図書委員などのボランティア活動など、多方面に渡り、日本人会の活動をそれぞれの立場で積極的に関わっていただきましたことを、改めて御礼申し上げます。

また、タイ自由ランド様には、日本人会の活動を在タイ邦人社会の多くの読者の皆様にPRしていただき、お繋ぎいただきましたことをこの場をお借りして御礼申し上げます。

日本人会も、今年で創立から105年が経ち、新たな時代に向けた改革を進めております。

具体的には、今年5月より新設の企画推進部で外部のオブザーバーの皆様の意見も取り入れながら、新企画イベントの拡充、フリー誌などでの日本人会の認知向上アップに向けた広告PR、ホームページ改革も進めております。来月より、個人会員のみならず、企業向けに会館の会議室をご利用いただけるように開放いたします。

お蔭様で、日本人会の会員数は約7000人、月間の会館利用総数は約3000人、公式LINEの登録者は2000人を超えました。これからも様々なイベントや生活に役立つ情報をお届けし、皆様のタイでの生活がより充実したものとなりますよう、日本人会が少しでもお役に立てるよう邁進していきたいと思います。

最後になりましたが、来年2019年は、日本・タイ国双方にとって、いろいろな局面で変化の年となるのではないでしょうか。新しい時代に向けた新しい両国の一歩を踏み出すべく、タイ国日本人会でも皆様の活動に支えられながら、日タイ親善を更に進化させていきたいと思っております。

皆様方と日タイ両国にとりまして、健やかで良い年となりますように祈念いたしております。

 

2018年12月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

コメント

  1. タイの日本人会は105年もの歴史があるんですね。日本人会の催しには会員以外でも参加できるものもあるので、興味のあるイベントがあれば詳しく調べてみるといいでしょう。その場で入会できるイベントも結構あります。