アンコールワット観光で、日本人女性経営の宿に泊まる


アンコールワット観光、日本人女性経営の宿に泊まる

タイ滞在中に一度は行っておきたい世界遺産と言えば、タイの隣、カンボジアにあるアンコール遺跡。

遺跡を観光するのに便利なシェムリアップへはバンコクから飛行機で50分、チェンマイより近く、ダイソーのようなお店もあるので土日を利用してバッグひとつで気軽に行くことができます。

シェムリアップには日本人女性が経営するゲストハウス「Pleasure・プレジャー」がオープンしており、空港送迎と観光付き宿泊プランで女性の1人旅や家族連れ旅行を応援します。

女性専用の部屋では、ドミトリー(相部屋)でもバスタブ付きで旅の疲れを癒してもらえます。

貸し切りの和室もあり、こちらもバスタブ付きで家族での宿泊にもいいでしょう。

宿は1泊朝食付きでアメニティ(歯ブラシ、スリッパ、ドライヤー他)もあります。

土曜は深夜までパブストリートで飲んで、日曜は午後からのんびり観光、というのもいいですね。パブストリートはビールが0・5ドルですから、ビール好きにはたまりません!

アンコールワット遺跡観光はゲストハウス専用のトゥクトゥクでご案内いたします。

問い合わせやご予約はラインかEメールでどうぞ。下の広告参照で。

 

2017年11月5日 タイ自由ランド掲載

->日本人女性経営のゲストハウス pleasureのホームページ

-> 旅行、トラベル

 

日本人女性経営のゲストハウス pleasureの広告


 

->トラベルの情報

->旅行の情報

 

 

 

 


コメント

  1. 10年以上前にアンコールワットに行きましたが、シェムリアップの街は当時に比べホテルやゲストハウスが増え、雰囲気はだいぶ変わっていると思います。アンコールワットは一度では見きれなかったので、また行きたいと思います。

  2. アンコール遺跡のタプロムというところはいずれ崩れてしまうから、早く行った方がいいというのを見たことがあります。木が成長してしまうと遺跡は壊れてしまうとか。