ニュース ネット関連 EEC 中国人 LAZADA タイのニュース

アリババ、JD.com、LAZADAなど、中国企業が次々にタイへ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国企業が次々にタイへ、アリババ、JD、ラザダなど

イへの中国の投資が加速している。

東南アジアでショッピングサイトを運営するLAZADA(ラザダ)」はタイではナンバー1のオンラインショッピングサイトだが、同社幹部によると、「この4月にはアリババとともにタイ政府と協力する形でEEC内にEコマース・パークをつくる」と発表しており、実際にEECに立ち上げるのは2019年ごろになるといい、ショッピングサイトにおいて、周辺国への玄関口にもなるといい、運輸の面などでカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムへの商品輸送なども視野に入れている。

一方、中国ではアリババに次いで2番目の規模の大手ショッピングサイトJD.comは現在、タイでの投資を検討しており、パートナーとして、セントラル・グループや運輸のケリーエキスプレスなどが上がっており、東南アジアのハブとして中国の企業はタイに注目している模様。

 

2017年9月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 

 


 

 

->タイのニュースの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ニュース, ネット関連, EEC, 中国人, LAZADA, タイのニュース
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.