タイのニュース タイ国内交通網整備

チャオプラヤー川沿い整備、309世帯が立ち退きへ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

チャオプラヤー川沿い整備、309世帯が立ち退きへ

バンコクを流れるチャオプラヤー川の両岸を整備する件については着々と進んでおり、今回は、バンスー、ドゥシット、プラナコン、バンプラート地区で7kmに渡って行われ、事業費は50億バーツにものぼる。

来年6月より工事を始めるが、バンコク都の建設部などによると、住民の立ち退きが必要で、この区間は12の区域で309世帯にのぼるという。

そのうち、64世帯は陸運局のフレッドアパートに移り、50世帯は貧しい人のための住宅に移り、36世帯はバンヤイに新設する住居、114世帯は同じ場所に戻るなどとなっている。

2016年12月5日 タイ自由ランド掲載

->タイ国内交通網整備

->バンコクの開発

->タイのニュース


 

->交通網の整備の情報

->大型開発の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, タイ国内交通網整備
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.