チェンワッタナがビジネス街に、コンドミニアムが年々値上がり


チェンワッタナがビジネス街に、コンドミニアムが年々値上がり

チェンワッタナといえば、日本人ならイミグレーションにビザ更新で出かける人も多いが、このチェンワッタナ周辺がビジネス街へと変ぼうしようとしている。

現在、チェンワッタナ通りを通る路線の工事が進んでおり、ケーラーイ~ミンブリーを結ぶピンクライン。タイの不動産コンサルティング会社によると、将来の発展を見込んで、大手のディベロッパーなどが土地を買っており、建設されるコンドミニアムなども値上がりの状態が続いている。

周辺はタイ公的機関センターが集まっており、そのほかオフィスや病院、学校なども多く、また、インパクトのあるムアントンタニーでは、バンコクランド社が50~60億バーツで開発を進めている。

また、ほど近いドンムアン空港は年間5~6000万人の利用へと拡張しており、レッドラインやグリーンラインとの連絡も予定されており、魅力的な街へと変ぼうしつつある。

新規コンドミニアムが販売されれば、60~70%は売れており、価格は2017年から徐々に増えており、価格も年々、5%ほどは値上がりしており、2019年では1㎡当たり72438バーツが平均で、購入者は公務員や学生の保護者、賃貸で貸し出す人などとなっている。

2019年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント