スパライ社が7ライを取得し、サトン通りで大型開発へ!


Untitled-6

タイの大手開発ディベロッパーのスパライ社によると、ビジネス街のサトン通りのオーストラリア大使館の敷地について、入札により取得したとしている。

広さは7ライに及び、評価額は46億バーツで、1タランワー当たり145万バーツになる。

同社では、この場所にミクストユースのコンセプトで、住まいのコンドミニアム、賃貸のビジネスオフィスビル、商業センターなどを盛り込んだ、サトン通りのランドマークとして開発したいとしている。

事業費は170億バーツを見込んでおり、住まいのコンドーでの販売は1㎡当たり30万バーツ以上になるとしている。

 

2017年10月5日 タイ自由ランド掲載

->バンコクの開発

->タイのニュース

 

 


 

 

->大型開発の情報


コメント

  1. ビジネスエリアの超1等地でいつまでも空き物件のままにしておくのはもったいないといことで開発するんでしょうが、コンドミニアムが1㎡で30万バーツとかなり高額ですね。