Tag Archives: アパート

タイのバンコクで、賃貸のアパートを斡旋している会社を紹介します。

 

トンロー駅からたったの徒歩2分格安アパートSKタワー

トンロー駅からたったの徒歩2分格安アパートSKタワー

トンロー駅からたったの徒歩2分。黄色が目印の、格安アパートSKタワーに、空きが出ています。1ベッドルーム44㎡の部屋で、月15000バーツ。実際は、44㎡よりも、若干大き目の広さだそうで、1人暮らしで悠々自適に暮らしてもよいですし、2人暮らしでも問題のない広さです。

館内には、コインランドリー、コンビニ、また、小さな喫茶店や飲食店も営業しており、とても便利です。

詳しい場所は、スクムビット通りの偶数側、ソイ38を通りすぎてすぐ、40の手前にあります。

お問い合わせはお早目に。

2015年7月5日 タイ自由ランド掲載

-> アパート賃貸物件

-> コンドミニアム売買の掲示板

-> 格安のアパート、マンション、サービスアパートなど

 

格安アパートSKタワーの広告

格安アパートSKタワーの広告

 

 

「JRC」(住宅レジデンシャル・コンサルタンツ)の強みはタイ人ならではの幅広い人脈と豊富な情報

「JRC」(住宅レジデンシャル・コンサルタンツ)の強みはタイ人ならではの幅広い人脈と豊富な情報

 

駐在員やロングステイのための部屋探しから、賃貸オフィス、工場のレンタル、不動産売買まで不動産全般に関するサービスを行っている「JRC(住宅レジデンシャル・コンサルタンツ)」は、タイ人オーナーが11年前に日本人向けに始めた不動産会社。

日本語堪能なタイ人オーナーも気さくな人柄で、気軽になんでも相談に乗ってくれる。タイ人の不動産屋さんと日本語で直接コミュニケーションできるのは心強い。言葉だけでなく、日本とタイ、双方の国民性や習慣も熟知しているので、物件探しや契約の際にも、タイ人家主と日本人の間に立ってスムーズに交渉を進めてくれる。

「JRC」の強みは、なんといっても日本人には得難い、タイ人ならではの幅広い人脈と豊富な情報量だ。希望の物件がすでに契約済であっても、求められている条件に合った物件を見つける事には、自信を持っている。

その対応とフットワークの良さから、顧客のリピート率が高いのも「JRC」の特徴。一度利用した方が、他のお客様を紹介してくれる事も多いという。

2015年6月20日 タイ自由ランド掲載

-> タイで不動産仲介

 

「JRC(住宅レジデンシャル・コンサルタンツ)」の広告

「JRC(住宅レジデンシャル・コンサルタンツ)」の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます。

 

 

ヨシダ不動産の賃貸アパートのお宅拝見第63回は村山様のRacha Residence(ラチャ・レジデンス)

ヨシダ不動産の賃貸アパートのお宅拝見第63回は村山様のRacha Residence(ラチャ・レジデンス)

シラチャは近隣の大型工業団地等に勤務する日本人駐在員世帯を中心に多くの日本人が在住する地方都市です。バンコクから南南東へ165キロ、車で約2時間の距離に位置します。アマタナコン、アマタシティ、ピントン等の工業団地内に生産拠点を置く日系企業への通勤アクセスが良く、2009年4月にはタイ国内ではバンコクに続く2番目の日本人学校となる『泰日教会学校シラチャ校』が開校しました。日本人駐在員は単身者のみならず、就学児童を持つ家族世帯も増加傾向にあります。今回はシラチャの中心部、ロビンソンデパートから徒歩15分の距離に位置する新築サービスアパート、Racha Residence(ラチャ・レジデンス)にお住まいの村山様のお宅を拝見しました。

シラチャでの物件探し

2015年3月より家族でシラチャに駐在することが決まりました。同時期に同僚も駐在することになり、一緒に物件を探すことになりました。インターネット検索でヨシダ不動産を見つけ、早速アポイントをとり内覧をお願いしました。私たちの希望はロビンソンデパートもしくはJパークに徒歩でアクセスできるという条件で、当初は多くの物件があると思っていたのですが、実際に物件を見せて頂いた際にシラチャではそのような家族向けの物件は殆ど無い事がわかりました。

(1) 中心街より離れた広い間取りのコンドミニアム。
(2) Jパーク付近の日本人専用の一軒家。
(3) Jパーク付近にある別の一軒家。
(4) ロビンソンへ徒歩にてアクセスできる新築サービスアパート

ご紹介頂いた物件は4件

(ラチャ・レジデンス)。

私たち家族と同僚の家族とで慎重に検討をした結果、4番目の物件であるラチャ・レジデンスの2ベッドルームへ入居することを決めました。理由としては①シラチャの中心街まで徒歩にてアクセスできる。②新築で綺麗な状態で入居できる。(私が契約した時点でまだ誰も入居者が居なかった) ③スタッフが常駐している。(水漏れなどの問題があっても早く対処してくれる) ④同じタイプの2ベッドルームがちょうど2部屋空いており、私と同僚が一緒に契約することができた。

この中で④番目がもっとも重要なポイントでした。大都会であるバンコクであれば、日本人の生活環境も整っており不自由なく暮らせると思うのですが、ローカルなシラチャではわからないことや一人では対応できないことが何かしら起こることが予想されるからです。日中、私は職場にいるので、不測の事態が起こったときにすぐには対応できないでしょう。しかしながら同僚の家族がすぐそばに居れば、何かあったときにお互いサポートできるのでとても安心で、仕事に集中できます。

サービスアパートでの滞在

(ここで奥様とバトンタッチ)
ラチャ・レジデンスは朝食サービスが家族の人数分含まれております。これが意外に充実していたことが驚きでした。白いご飯や味噌汁はもちろんのこと、野菜サラダやチャーハンもあり、子供が喜ぶシリアルもあります。朝は主人の送り出しや子供のお弁当を作ることで時間があっという間に過ぎてしまうので、このサービスはとても助かります。

また、 部屋の掃除やゴミ捨てはもちろん、ベッドシーツやバスタオルなどの交換を週2回行ってくれる事や、9時~22時までトゥクトゥクが無料で利用できるのも重宝しています。トゥクトゥクは今のところ昼間に利用する人があまり居ないようで、好きな時間に使えるのもいいですね。周辺環境ではラチャ・レジデンスの目の前にコンビニがあり、規模は小さいですが調味料や水、そして子供用の牛乳等が買えるので、補助的なお店として十分に利用できます。逆に残念だったのはキッチンがかなりコンパクトであること。流し台と電気コンロはあるのですが、料理を行う作業スペースがかなり限られており、日本の自宅のキッチンと較べてかなり狭く、最初はちょっと戸惑いました。

シラチャ滞在が2ヶ月経過してみて

(ここで再度、ご主人様へタッチ)
当初は全ての部屋の窓に網戸が無かったのですが、ヨシダ不動産の村田さんに交渉していただき、設置してもらいました。網戸をとりつけ自然の風を取り入れるとそれだけでリラックスできます。

今回、日本からシラチャに家族で引っ越すことになり、息子と娘は環境が変わってどうかな?と思いましたが、意外にも順応するのが早かったですね。また、妻もシラチャでの生活に何とか慣れてくれたようで私も安心しました。 ラチャ・レジデンスの住み心地の点数ですか? そうですね~、スタッフも対応が良く、思ったよりも住み心地が良いので、10点満点の7点くらいはあげてもいいかな?(笑)

私がご案内しましたセールス   村田 暁紀

村山様はいくつかの物件の中からラチャ・レジデンスの2ベッドルーム(76㎡)を選択、ご成約されました。こちらは徒歩圏内にロビンソンデパートやパヤタイ病院があり、ロビンソン・シラチャ方面へのトゥクトゥクサービスもあります(9時~22時)。スタッフが常駐し、お部屋の掃除サービスがあるサービスアパートなので、初めてシラチャに滞在されるお客様にも、快適さと安心感を与えてくれます。また、弊社シラチャ支店がロビンソンデパート徒歩すぐの場所にあるので、何かお困りごとがあってもすぐに対応することができます。今後も村山様のシラチャ生活を 誠心誠意サポートさせて頂きます。

 

 

2015年6月20日 タイ自由ランド掲載

-> ヨシダ不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介のページ

 

 ヨシダ不動産の広告

ヨシダ不動産の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます。