Tag Archives: 日タイ調剤薬局

日本の薬が切れてしまったら「日タイ調剤薬局」へ

日本の病院からもらってきた薬が切れた!  そんな時はトンロー・ソイ9の「日タイ調剤薬局」へ。

日本から持ってきた薬を薬剤学のもとで、同等性の観点から医薬品を探すお手伝いをしています。

タイ・バンコクの薬局経営者=薬剤師とは限りません。その点同薬局は、日本の薬剤師が自ら開業した薬局です。日本人の体質・体型にあった適量の調剤を心がけています。

また、日本薬局方収載の漢方薬処方の調剤(例えば 葛根湯、小青竜湯、当帰芍薬散など)も行っておりますのでお気軽に問い合わせ下さい。

特に、長期治療薬。例えば高血圧薬、経口糖尿病薬、高脂血症薬など。日本病院からの治療方針を変えないで引き続きそのままの100%服用薬を調剤します。

なお、スクムビットエリアには無料で薬を届ける宅配サービスもありますので、日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。ホームページ www.ntpharmacy.com もご覧下さい。

2016年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 日タイ調剤薬局のホームページ

-> 病院での治療、薬局での薬購入

日タイ調剤薬局の広告


 

->薬局の情報

–>クリニックの情報

20-2-2016-naa1-(14) 毎年2月下旬頃から、じわじわと気温が上がり、暑い日が続きます。

私は毎年、バンコクの気温が上がると、いつもより体がだるくなってしまいます。そんなときは、いつもより水分補給を意識して行うようにします。そうしただけで、だいぶ体が楽になるのです。

暑い時期によく利用しているのが、写真①のスポーツドリンクの素です。セブンイレブンなどで販売しており、1袋6バーツほど。ジョギングをしているタイ人の友人に教えてもらいました。

これ1袋をコップ1杯の水に混ぜて飲みます。味が日本のアクエリアスに似ていて、大変飲みやすい。レジ横の薬などが置いてある、ごちゃごちゃしたコーナーに置いてあります。

飲みすぎは体によくない、と聞くので、暑い日の朝に1日1杯だけ飲みますが、それだけで、体がだいぶ楽になります。

さて、もうひとつの写真②は、普段は飲みませんが、常に家に買い置きしているものです。

薬局で販売しており、スポーツドリンクよりも、もっと体に浸透しやすく、お腹を壊したときや、風邪を引いたときなど、緊急のときに役立ちます。

以前、急性胃腸炎にかかった際に、薬と一緒に病院から処方してもらいました。脱水症状を防ぐ効果があり、また薬局でも販売しているとのことで、それ以来、もしもの場合にと、多めに買い置きするようになりました。

タイに来たばかりのころは、急に熱が出てしまって、近くのコンビニに行ったのにポカリスエットが置いてない、と困っていましたが、探せば、タイにもお役立ちの水分補給グッズがたくさんあるようです。

タイに来たばかりで、暑さになれないという人もぜひ試してみて下さい。

ほかにもいい商品があるかもしれませんので、本紙に広告を掲載している日本人常駐のブレズ薬局などに相談してみるのもよいかもしれませんね!

(K)

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

★★ 関連リンク ★★

->タイから学ぶ暑さ対策!水分補給・食事・服装などのセルフケアまとめ

->水分補給だけじゃだめ。「タイ版おふくろの味」が熱中症予防にいいらしい

->カラダに「水分は大切」正しい水分補給を!飲み方を間違うと危ない


-> 薬局の情報

->ブレズ薬局の情報

->日タイ調剤薬局の情報

 

 

 

日本の薬が切れてしまったらトンロー通りソイ9の日タイ調剤薬局へ

日本の薬が切れてしまったらトンロー通りソイ9の日タイ調剤薬局へ

 

日本の病院からもらってきた薬が切れた!そんなときは、トンロー通りソイ9の日タイ調剤薬局へどうぞ。日本から持ってきた薬を、薬剤学のもとで、同等性の観点から医薬品を探すお手伝いをしています。

タイ・バンコクの薬局経営者=薬剤師とは限りません。その点同薬局は、唯一日本の薬剤師が自ら開業した薬局です。日本人の体質・体型にあった適量の調剤を心がけています。

また、日本薬局方収載の漢方薬処方の調剤(例えば 葛根湯、小青竜湯、当帰芍薬散など)も行っておりますので、お気軽に問い合わせ下さい。

その他、保険制度3割負担の国民健康保険請求の方にも対応しています。 

特に慢性治療薬の高血圧薬・高脂血症薬・経口糖尿病治療薬などが3割負担の対象になります。

なお、スクムビットエリアには無料で薬を届ける宅配サービスもありますので、電話089-678-1214まで日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。

また、ホームページ http//:www.ntpharmacy.com もご覧右さい。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> 日タイ調剤薬局のホームページ

日タイ調剤薬局の広告

日タイ調剤薬局の広告