Tag Archives: オンラインショップ

タイでも最近は、多くのオンラインによる商品の売買サイトが出現しているが、競争が激しくなっており、必ずしもうまくいくとは限らない。

日本からも楽天が進出し、タイ側の大手サイトと共同で、オンラインショップを展開していたが、今年初めに事実上、タイからの撤退に踏み切っており、「オンラインショップの市場自体は伸びているが、ここ1~2年にタイに参入するポータルサイトやネットショップが多く、競争が激化しており、特にLAZADAの躍進で大きく差をつけられた」と理由を上げている。

そんななか、今度は、韓国からEコマース・サイトが進出してきている。イレブンストリートという会社で、タイでのサイトは11street.co.th。同社の代表者によると、タイは5ヵ国目の進出になるという。この11月よりモバイルアプリを開始する予定で、現在、すでにオンラインでの販売者を2000件確保しており、2017年には販売者を2万件にしたいという。また、韓国の販売者も3~4000件掲載する予定で、商品は400万点、実際の店舗より30%安で提供したい、としており、1ヵ月に2000万人のアクセスを目ざしている。

同社はエムクオーティエの34階にオフィスを構え、販売者のワークショップなども無料で開催していくとしている。

競争に勝ち抜くためには、商品を安くで、そして安心して消費者が購入できるかがすべてになるが、同社では実際の店舗価格よりも30%安といっているので、それが実際に実現できれば、タイ人の間でも口コミで広がっていくだろう。

タイでは、オンラインショップの大手では、kaideeなどがあるが、これは個人が自由にサイトに掲載できるもので費用もかからず、直接に電話を掲載してやり取りをする。一方の11streetは店舗などが掲載し、決済は同社を通すため安心して決済できる、という振れ込みのようだ。

2016年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

->イレブンストリートのホームページ

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報

->ネットショップの情報


政府主導で一村一品進め、ネットでの販売を強化

地方の雇用創出や経済活性化、さらには各市町村の収入増を狙い、タイ政府主導で進めているOーTOP(一村一品)の商品販売については、音頭をとる商務省の商業開発局長によると、タイ国内の販売では、テスコ・ロータスセントラル、さらにはテレビショッピングなどとも提携して商品販売を促しており、また、空港や航空機の中などでもキングパワータイランド・モールなどと交渉を進め商品陳列を促している。

そのほか、日本や韓国など外国の事業者も40社ほどが同局の後押しを得てオンラインショップなどで自国へ商品販売を行っており、同局が選別した750品目から選んでもらっているという。

また。「売れる商品を」と同局では商品の改善なども積極的に行っている。

スワンナプーム空港での販売については、キングパワー社と交渉し、今後3年間の契約も交わし、同社の利益も20~30%までに抑えるよう決着した。

一方、ドンムアン空港でもキングパワー社と、ザ・モールグループの両社と交渉しまもなく販売開始、そのほかプーケット空港でも近々販売を始める。

オンラインでも同局がみずから手がけており、www.thaicommercestore.comで購入可能。

そのほかwww.thaitrade.comや中国のアリババなどとも提携し販売網を広げている。

 

2016年4月20日 タイ自由ランド掲載

 

->商務省関連の販売サイトのホームページ

->タイのニュース

 

★★ 関連リンク ★★

->テスコ・ロータス

->セントラル

->キングパワー

->タイランド・モール

->アリババ


 

->オンラインショップの情報

->タイのニュースの情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミャンマーでネットショップ!

ミャンマーでネットショップ!

ミャンマーでオンラインショップ www.kaymu.com.mm を運営する会社によると、現在、ミャンマー国内での会員は20万人にのぼり、この手のオンラインショップは成長が著しく、1ヵ月に20~30%増という。

 ミャンマーの店で売られているものよりも安くで買えるといい、掲載商品のアイテムも急増しているという。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載