ウタパオ空港 EEC

ウタパオ空港の新ターミナルのデューティーフリーショップで入札へ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウタパオ空港の新ターミナル大手が販売場所の入札に参加

東部経済回廊(EEC)により、その中心として機能するのがウタパオ空港。以前はタイの海軍などにより使われていたが、民間への開放が進み、2016年の利用者は70万人だったが、今年は110~120万人が利用し、さらに新ターミナルが完成すれば、1年に300~500万人の利用者が見込まれている。

パタヤに1時間、さらにシラチャ―などにも近く、タイ・エアアジアの発着も増え、今後は空港ビジネスも活発になってくる。

ところで、ウタパオ空港では、新ターミナルに向けた3つの入札を行うとしており、1 デューティーフリー、2 商業スペースの運営、3 広告スペースの3つで、合わせて2000㎡のスペースがあるとしている。

大手のセントラルやザ・モール、キングパワー、韓国ロッテなどが入札に参加するものと見られるが、まだ始まっておらず、現在はその許可を待っているところだ。

 


2017年6月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ウタパオ空港, EEC
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.