本帰国の引越しは早めに準備を!

本帰国の引越しは早めに準備を!

クリックすると拡大してご覧いただけます

駐在員の本帰国の時期が近付いてまいりました。2月~3月はどこも非常に混み合いますので、引っ越し業者の確保、準備は今から始めておくのがよいでしょう。

タイから日本への本帰国となると、わからないことがたくさん出てくると思いますが、日系の引っ越し業者なら、日本人が丁寧に対応してくれます。荷物の梱包から、面倒な通関の代行手続きも行ってくれるので安心です。また、思わぬトラブルを防ぐためには、引越し業者に全部お任せするだけでなく、引っ越しの大まかな流れや、ポイントを押さえておくと、スムーズです。

①まずは、なんといっても予約です。引っ越し日ギリギリで予約をしたら、もうすでにいっぱいで断られた、なんてことも十分起こり得ます。1か月前でも早すぎることはありません。まずは予約をしましょう。

電話予約をすると、スケジュールに合わせて下見・打合せの日程が決まります。見積もりは下見の日に出してもらえるのが一般的なようです。本紙1面に広告を掲載している「商船三井引越センター」はバンコク都内であれば見積もり無料。一方、「タイヤマト運輸」はバンコク、シラチャー、ラヨーンは見積もり無料で、単身で荷物が少ない場合は、荷物の量を電話で伝えての見積もりもできるそうです。

②下見・打合せ日は、引っ越し業者さんが実際に下見に来てくれて、家の中の引っ越し荷物の容量を確認し、見積もりを出してくれます。下見日までに、どれを日本に持ち帰り、どれを処分するのか、また、新たに日本帰国用に購入するものなどを、把握しておきましょう。また、ピアノやガラス付きの家具など、持ち帰れるのか心配な物についても質問をしましょう。

また、打合せでは、通関手続きについて説明があります。必要書類について、また、税金がかかってしまう物や、日本に持ち込める物、持ち込めない物についても説明があります。

③引っ越し日までに、通関手続きのための必要書類(パスポートのコピーなど)を準備する必要があります。

荷物については、当日梱包してもらえますが、航空便・船便・手荷物と仕分けをしておくと、引っ越し当日の作業が、よりスムーズです。バンコクから発送後、日本の自宅に届くまで、航空便は1週間~10日間程、船便は約1か月ほどかかります。また、船便の場合は、重さに関係なく、容積で料金を算出し、航空便の場合、重さで料金を決めますが、軽くてかさばる物の場合は容積から算出される運賃重量で決まります。

下着や衣類など、自分で梱包したい物があれば、下見日に伝えておくと、梱包材がもらえ、予め自分で梱包をしておくことも可能です。

また、処分品はリサイクルショップを利用するのも手です。少額ながらも、お金が手に入り、キチンと次の人に利用してもらえます

④そして、いよいよ引っ越し当日です。業者さんが手際よく梱包してくれますので、航空便・船便・手荷物と仕分けに間違いがないか、確認をしましょう。特に重要になってくるのが、手荷物をしっかり確保しておくこと。現金、アクセサリーなどの貴重品はすべて手荷物です。パスポートを誤って船便に混ぜてしまったなど、大きなトラブルを引き起こさないよう、念入りに確認しましょう。

また、通関手続きのための書類もこの日に作成してもらえます。
⑤荷物の梱包も無事終わり、日本への本帰国です。タイ側の手続きは、全て業者にお任せできますが、日本に到着した際、その空港内で手続きをしなければなりません。まずは空港内の税関で別送品の申告をし、その後、到着ロビーにある宅配の受付カウンターへ必要書類を提出します。この手続きが終われば、あとは、荷物が届くのを待つだけです。

⑥そして、航空便、船便とそれぞれが順番に自宅に到着します。商船三井引越センター、タイヤマト運輸ともに、航空便は自宅の玄関先までのお届け、船便は開梱・家具などの組み立て、設置のサービスがあります。日本への配送についても、希望があれば、最初の打合せ日に相談をしておきましょう。

引越しの流れは上の表も参照で。また、商船三井引越センター、タイヤマト運輸については、以下の広告をご参照下さい。

2017年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 商船三井引越センターのホームページ

->クロネコヤマト(タイ)のホームページ

-> 引越のページ

->リサイクルショップのページ

 

商船三井引越センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

クロネコヤマト(タイ)の広告

タイヤマト運輸の国際宅急便サービスは2016年度をもちまして集荷サービスを終了いたしました。
現在、国際宅急便サービスにつきましては、弊社パタナカンオフィスへの持込みのみ対応させて頂いております。


 

->引越しの情報