Tag Archives: 串揚げ

タイのバンコクで、串揚げが自慢の店を紹介します。

名称未設定-10

今年も残すところあと僅か。出店ラッシュの続いたしゃかりき432ですが、年内にさらにもう一店、トンロー通り沿いに出店準備中です。お楽しみに!

しゃかりき432が満を持してオープンした創作串揚げ「清水」は、落ち着いた雰囲気の店内で、ゆったりと串揚げを楽しめると好評です。

場所はソイ39と49の間。フジスーパー3号店の斜め向かい。1200Bのスペシャル・コースのみ!

途中満腹になったら精算ストップ制を採用いたしますので、お気軽にどうぞ。今まで体験したことのない様な、創作を超越した魔法の串揚げを堪能してください。

先月シラチャにオープンしたイオンモールの2階のシラチャ店は、最大300席。午前11時から深夜3時までのぶっ通し営業しています。

これからの忘年会シーズン、大型宴会から少数の宴会まで、個室や貸切などお気軽にお問合せください。

 

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> しゃかりき432のFacebook

-> しゃかりき432のページ

しゃかりき432の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

ダイニング庵寺では、180Bの飲み放題と合わせて、焼き鳥、串揚げのセットが人気

エカマイ・ビッグC1階にある居酒屋のダイニング庵寺では、180Bの飲み放題と合わせて、焼き鳥串揚げのセットが人気。鉄板焼きもビールにぴったりですので、ぜひ試しください。

飲み放題の制限時間は3時間とたっぷり。アサヒ生ビール、ソフトドリンク、オリジナルの寝かせ焼酎が飲み放題。これからの忘年会にもぜひご利用ください。

メニューには3階の本店にはない焼き鳥、串かつをはじめラーメンやスパゲティーなど多種多様の料理メニューが並んでいて、どれもリーズナブルなお値段。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> 庵寺のホームページ

-> 庵寺のページ

->ダイニング庵寺のページ


ダイニング庵寺の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

シラチャ店&創作串揚げ清水オープン!シラチャ店&創作串揚げ清水オープン!

しゃかりき432が、ついにシラチャ進出しました。先月オープンしたイオンモールの2階で、最大300席。午前11時から深夜3時までのぶっ通し営業!シラチャにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
そして、しゃかりき432が満を持しての串揚げ専門店オープン! その名もずばり「清水」。場所はソイ39と49の間。フジスーパー3号店の斜め向かい。1200Bのスペシャル・コースのみで勝負させてもらいます!
途中満腹になったら精算ストップ制を採用いたしますので、お気軽にどうぞ。今まで体験したことのない様な、創作を超越した魔法の串揚げを堪能してください。お楽しみに!
しゃかりき432各店舗、これからの忘年会シーズンに向け、準備はぬかりなし。大型宴会から少数の宴会まで、個室や貸切などお気軽にお問合せください。皆様のおこしをお待ちしております。

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> しゃかりき432のFacebook

-> しゃかりき432のページ

 

しゃかりき432の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

名称未設定-7

 

名称未設定-8

 

しゃかりき432が満を持しての串揚げ専門店オープン! その名もずばり「清水」。

場所はソイ39と49の間。フジスーパー3号店の斜め向かい。

1200Bのスペシャル・コースのみで勝負させてもらいます!

途中満腹になったら精算ストップ制を採用いたしますので、お気軽にどうぞ。今まで体験したことのない様な、創作を超越した魔法の串揚げを堪能してください。お楽しみに!

またシラチャのイオンモール2階にもプレオープン中です!午前11時から深夜3時までぶっ通し営業!

 

2015年10月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> しゃかりき432のFacebook

-> しゃかりき432のページ

 

名称未設定-12

クリックすると拡大してご覧いただけます

 

 

居酒屋「花盛(はなもり)」の9月のプロモーションはタカラ黒よかいち1本1350バーツ

居酒屋「花盛(はなもり)」の9月のプロモーションはタカラ黒よかいち1本1350バーツ

 

元気なタイ人の女の子が切り盛りする居酒屋「花盛(はなもり)」は、なんと言っても日本人好みの味付けもしっかり心得ていているのが人気の秘密。

数あるメニューのなかでも一番の人気は、3種類で60バーツという安さのおでん。本格的な味付けは、ビールやお酒に合います。他にもおつまみなどメニュー豊富で、どのメニューも安心してオーダーできます。

お店の管理もちゃんと行き届いているので、清潔感があって安心して楽しく過ごせます。

お店は1~3階まであり、カウンター席、テーブルが揃っていて、カラオケもあります。女性同士でも気軽に楽しめるリラックスした雰囲気のお店です。 9月のプロモーションは、タカラ黒よかいち1本1350バーツ。

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> 居酒屋「花盛」のページ

-> 日本の居酒屋さん、飲み処

 

 居酒屋「花盛」の広告

居酒屋「花盛」の広告

 

エカマイ・ビッグC1階の「ダイニング庵寺」はスパゲッティもオススメ!

エカマイ・ビッグC1階の「ダイニング庵寺」はスパゲッティもオススメ!

 

エカマイ・ビッグC1階の「ダイニング庵寺」は、串焼き、串揚げなど酒のつまみからラーメンまで揃っていますが、スパゲティーも本格的で好評です。

和風スパゲッティの定番ともいえる明太子スパゲティー(200B)は、明太子を贅沢にたっぷり使っています。
   

フレッシュトマトの冷製スパゲティー(200B)は、輸入もののフルーティーなトマトピューレをふんだんに使って仕上げたさわやかな一品で、女性もオススメ! ほかにも濃い味のナポリタンやカレースパゲッティ、きのこと野菜の和風スパゲッティなど、一工夫されたスパゲッティが揃っています。ぜひお試しください。

同じビルの3階にある本店は、開放感がありゆったり落ち着けます。本まぐろは、日本から直送したものを、タイ随一の安価で提供しています。個室もたっぷりあり、会食や接待に利用できます。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> 庵寺のホームページ

-> 庵寺のページ

->ダイニング庵寺のページ

 

ダイニング庵寺の広告

ダイニング庵寺の広告

 

1人でも居心地のよい居酒屋「花盛」

1人でも居心地のよい居酒屋「花盛」

 

ソイ23からソイ31に抜ける途中にある居酒屋「花盛」に、仕事帰りに一人で寄ってみました。

普通の日本の居酒屋スタイルですが、タイ人の女の子が切り盛りしているせいか、あくせくせずのんびりした雰囲気で、いつ来ても居心地のよい店です。

一人でも1階のカウンターで、スタッフと話したり、日本のテレビ番組を見ながら、気ままに過ごせます。

普段はまず名物の静岡おでんを注文しますが、今日は気分を変えて、ホワイトボードに書いてある本日のおすすめから、あつあげの胡麻マヨ(130B)をオーダーしてみました。

その日のおすすめは、他には茄子のたたきポン酢(150B)、蓮根の梅マヨネーズ(130B)、しらす大根サラダ(130B)などがあり、日本語で書かれたホワイトボードのメニューは、タイ人スタッフが一生懸命書いているそうで、好感が持てます。

あつあげの胡麻マヨは、淡白なあつあげと胡麻の風味がマッチしていて、マヨネーズがよいアクセントになっていました。

次にオーダーしたのは、串揚げセット(130B)。ビールには、揚げ物が欲しくなりますね。海老、カツ、蓮根、玉ねぎの4本で、揚げたては格別です。外側のカリカリした衣と、中のジューシーさのバランスが抜群の玉ねぎが一番印象的でした。

次に豚の角煮(95B)。豚肉の奥まで、味が染み込んでいて、口の中でとろけるような柔らかさ。甘めの味付けですが、これもビールに合います。

ご飯ものが欲しいと言ったら、スタッフがお薦めしてくれたのが、オムライス(110B)。居酒屋でオムライスとは、妙な感じでしたが、意外と人気とのこと。

ひと口食べると、なんとも懐かしい感じがしました。最近はバンコクでオムライスを食べられる店は多いですが、花盛のオムライスは、まさに昭和の味。中のケチャップライスが郷愁を誘います。おじさんたちに人気だという理由が、わかりました。ぜひ試してみてください。

3種で60バーツという名物おでんも、お忘れなく。そのほか、刺身や焼き魚、鉄板焼き、サラダなど、どれもリーズナブルで、日本人が安心して食べられる味付けです。

一人でもリラックスして楽しめる花盛へ、ぜひ行ってみてください。夕方から店の前の学校側に駐車できます。

今月は芋黒よかいち1本1350バーツ、麦琥珀のよかいち1本1350バーツのプロモーション実施中です。

 

2015年8月5日 タイ自由ランド掲載

-> 居酒屋「花盛」のページ

-> 日本の居酒屋さん、飲み処

 

居酒屋「花盛」の広告

居酒屋「花盛」の広告

 

名称未設定-1

スクムビットのソイ39をずっと入っていってフジスーパー2の入っているビルの3階にある「ブロシェット」。同店は、串揚げ専門店ですが、定食やお好み焼き、日本人好みの洋食とメニュー豊富で、幅広い年齢層に支持されているお店です。

今回訪れたのは、お昼どき。ブロシェットといえば、やっぱり上質な揚げ物が名物いうことで「ソースかつ丼(230バーツ)」をオーダーしました。卵でとじたカツ丼ではなく、ソースで食べるカツ丼です。

同店は、カウンター席がL字型に広がっていて、席の目の前で料理人が調理しています。

料理を待つ間は、ついつい職人の手さばきに見入ってします。キャベツを千切りに軽やかに切っていたり、お客の前で串揚げをテンポよく揚げています。また、奥の方では、鉄板でお好み焼きを焼いていました。

この日は、子ども連れのお母さんや、家族連れ、単身、グループできたビジネスマンとにぎわっていました。カウンター席といっても、ゆったりとしていて、数人での来店も問題ありません。料理人の様子が見えるのも、話題に上がったりと、気兼ねなく楽しめる雰囲気です。もちろん、単身でも来やすく、店内に置いてあるマンガを読みながら食事もおすすめです。

さて、運ばれてきたソースかつ丼ですが、一口食べるとサクッとしていて上品な味。余分な油っぽさがないのは、やはり串揚げの専門店のなせる技。食材により衣を使い分けているそうで、店内も油の不快な匂いがまったくなく、きちんと管理されているのでしょう。

キャベツとソースのしみたご飯を丼として食べる のも、これまた新鮮です。カツの他に、エビフライなども入った「ミックスフライ丼」もあるようで、こちらもおいしそうです。

ランチタイムには食後のフルーツとコーヒーもついてきたので、とてもゆったりとできました。

単身できても、数人できても楽しめるブロシェット。まずは、気軽に訪れてみて下さい。

2014年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

名称未設定-2

名称未設定-2

きょうは、皆で飲もう!ということで「しゃかりき」に向かう。アソーク通りのサーミットタワーの向かいに「モアイ」を発見。デンと置かれていて、まわりに提灯がかかっており、ビジネス街のまん中で、挑戦している姿は素晴らしい。ビジネス街との違和感がいいんですね。

さっそく、「しゃかりき432横丁」へと降りていくと、そこは確かに山手線ガード下のようなゴチャゴチャ感のある雰囲気。そこを抜けると「離れ個島」がある。そこに陣取りました。

さて、席についてまずは、男前ジョッキ!230バーツ!すごくデカいジョッキで、飲み応えというものではない。何杯も何杯も普通のジョッキで飲むのも値段が気になるので、これなら値段を気にせず飲めますわ!

そして、やっぱり大阪からの店、ゆうことで、「たこ焼きセット」をオーダー。大のおとなが、ちょっと恥ずかしいですが、やっぱり名物やからはずせへん。

大阪の人は自分の家にこんな、たこ焼きセットの道具があるっちゅうが、ほんまかいなー!

結構、大きなセットがやってきて、でも、やり方、わからへんから、店員さん、やってえや~。

鉄板が熱くなったところで、流し込んでくれて、しばらくしてタコ、紅ショウガ、ネギとかをパラパラします。

待つこと数分。どうやってひっくり返したらええのん?とまた店員を呼んで、ひっくり返してもらいます。さすが手慣れてますな。

しばらくして出来上がったところで、かつを、青のり、マヨ、ソースは自分でかけました。これはお好み焼きと同じ要領やな。

さて、出来上がった1つを取って口に入れると、熱い!さまさんとあきまへんわ。

ということで、ちょっと時間を置いて、一気に口へ。うまい!やっぱり大阪や!ダシもとれてる!

2つ目、3つ目と手が伸び、でも、こうやってたこ焼きをビールのつまみにしたのは、過去にほとんどないな~。

うまいのはうまいけど、ちょっと具が少ない気がするので、次回はトッピングで油かす50バーツや天かす30バーツを入れるとさらにうまさが増すんちゃうか。

このたこ焼きセットは自分で焼けて、全部で18個。このボリュームで280バーツはお得ちゃいまっか。

そのほかにも、もつ鍋とか、串揚げ、刺身、そして、コンロで焼く焼肉!何でもありまっせ。

ビジネス街やから、夕方からはビジネスマンに、土、日曜は家族で来ても楽しめますわ。

場所等は下の広告参照で。

2013年11月5日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-1