トリガーポイント

ジャパニーズ 鍼灸クリニック

硬結とトリガーポイントの正体とは?

1.そもそも筋肉はなぜ緊張してうっ血を招くのか? 筋肉の伸び縮みは運動神経が発する電気信号で制御されている。筋肉がある姿勢を保とうとしたり精神的に緊張したりすると、運動神経が電気的に興奮して筋肉が収縮したまま硬くなる。これは一時的なもので、電気的な活動を伴わない筋肉の緊張もある。それはエネルギー危機によるもの。 筋肉を作る筋線維は、アクチンとミオシンという収縮タンパクからなる。運動神経からシグナルを受けると、アセチルコリンという神経伝達が分泌される。 するとカルシウムイオンが放出されてアクチンとミオシンが一斉に滑り込み、筋肉が収縮して力を発揮する。 続いて元の長さに弛緩する際には、放出されたカルシウムイオンを取り込む必要があり、その際にはATPという化学物質を分解したエネルギーが使われる。 「うっ血して血流が悪くなると筋肉内のATPが枯渇し、カルシウムイオンの取込みが阻害される為、筋肉が弛緩出来なくなります。」エネルギー不足で弛緩できない筋肉は収縮したままになり、凝りに発展します。 2.硬結とトリガーポイント う...