タイ雑貨、アジアン雑貨

「パチャママ」は日本人経営のパワーストーン専門店

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

「パチャママ」は日本人経営のパワーストーン専門店

「パチャママ」は日本人経営のパワーストーン専門店

 

タイ人の間で最近、流行中のパワーストーン。タイではセレブや有名人が火付け役となってブームが起こり、街中ではOLなどがブレスレットとして身に着けているのをよく見かけます。

そんななか、スクムビット・ソイ41とソイ43をつなぐ小路にオープンしているパワーストーンの専門店「パチャママ」は日本人男性、吉崎弘樹さん(49歳)が経営する、タイでは珍しいお店。

吉崎さんは、石の買い付けから、商品のデザイン・作製・販売まで、すべて自ら行っており、店内にところ狭しと並ぶのは、天然石、いわゆるパワーストーンを使用した、オリジナルデザインのブレスレッド、ピアス、ネックレスなど。

約80種類ほどの天然石を扱っており、それぞれ違う意味合いやパワーを持っているそうで、好きな色や、その人の悩みや願望に応じて、数種類の石を組み合わせて、作ってくれるオーダーブレスレットが好評。値段は1個700バーツほど。

物腰柔らかで、一人一人に親身になって接客する吉崎さんの人柄に、リピーターも多い。

お土産やプレゼント用にまとめて購入する人も多く、特に本帰国の多い2、3月は一番売上げが多い時期。例えば、両親には、健康と長寿を願った石をプラスして、とメッセージを込めてプレゼントできるのも、パワーストーンの人気の理由といいます。

石の買い付けは、3~4か月に一度。吉崎さんが直接アメリカ、香港、中国などに趣き、品質や粒の大きさ、揃い具合を、一粒、一粒確認しながら選びます。

「タイは人件費やテナント料も、そう高くないので」と、わずかな利益を上乗せして販売。携帯ストラップなど、一番安いものは100バーツ代から販売しており、日本でパワーストーンを購入したことのある人は、その値段の安さに驚くといいます。

今の場所に店をオープンしたのは昨年の11月で、その前はチャトチャックのJJモールに同じ形態のお店「4976堂(ヨクナルドウ)」を3年間オープンしていました。

JJモールの3年間は、当時勤めていた会社の新部門の店として経営しており、きっかけは、日本の本社にいる社長に、「新しい事業を始めたいから、吉崎君の何か好きなことをやってみない」と言われたことからでした。

オープンしてから、広告などは一度も出したことがなく、通りかかりの人がふらっと立ち寄って、その後リピーターになってくれる。

チャトチャックという、都心からは若干離れた場所にあるにも関わらず、スクムビット在住の駐在員の常連客が多く、日本人客の割合は全体の約8割ほど。その後も、新しい人をまた紹介してくれたりして、と売上げが赤字になったことは一度もない。

 

そんなことから、社長の後押しもあり、モールの契約が終了するのを機に、スクムビットエリアに移転。念願の独立してのオープンで、店名も「パチャママ」に変更しました。

吉崎さんは名古屋出身で、在タイ歴はなんと20年。吉崎さんのパワーストーンとの出会いは、今から約15年前、当時、サパンクワイに住んでいたときのこと。

タイのウェディングドレス・テイラーに日本からの発注を伝える仕事をしていた吉崎さんは、ある日、近所で、看板も出していない、タイ人経営のヒーリングセンターを発見し、ふと中に入りました。

そこには、ショーケースの中に入った真っ黒な石が置いてあり、手に取ったとたんに、背中にびりびりと電気が流れるような不思議な体験をしました。

その後、インターネットで触った石について調べてみると、ラブラドライトという種類で、「使命や目的を見出す」ことに協力してくれる力を持つというものでした。

その石との出会いをきっかけに、天然石の魅力にはまった吉崎さんは、趣味で、天然石の種類や意味を調べたり、ブレスレットを作って人にあげたりするようになりました。

もうひとつの転機は、現在のお店を出すきっかけとなった、以前勤めていた会社の社長との出会いでした。

28歳で来タイした吉崎さんは、その後10年間は、フリーで自分で仕事を見つけて暮らしてきましたが、ビザが厳しくなり、会社勤めを考え始めました。

人材派遣会社に相談に行ったところ、そこで働かないかと誘われ、そのまま就職。最終的に、そこで10年間勤め上げ、最後の3年間は、趣味の天然石の店を開くことにも挑戦させてもらえました。

偶然に、偶然が重なって、自分のお店を持つことができて、今思えば、あのサパンクワイで出会った石が、自分の人生を導きだしてくれたかもしれないと語ります。

そんな自分の経験を通して、「石の持つパワーだったり、目に見えないものを信じている」という吉崎さんですが、そういった話に抵抗がある人もいるので、お店では無理に話したりはしない。

「信じていてもいなくても、パワーストーンを実際に着けてしまえば、結果は出てくるので、最初は、天然石の美しさや、色の組み合わせなどを気軽に楽しんでみてほしい」とのこと。

 

2015年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

 

 


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ雑貨、アジアン雑貨

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.