内装工事も基本が大事内装工事も基本が大事

 壁の色塗りは最低でも2回塗り
壁の色塗りは最低でも2回塗り

先日、現場で頭上キャビネットを取り外そうとしてギックリ背中になりました。あまり聞き慣れない言葉ですが、ギックリ腰の背中版といったところです。元々ゴルフの練習中になったのが始まりで、治ったと思えば忘れた頃にやってきます。今までは時間が経てば自然と治っていたのですが、加齢のせいでしょうか、最近は非常に治りが悪く、筋肉の張りと痛みが続きます。仕方がなく、初めて針治療に行きました。

勝手なイメージですが、北〇神拳で秘孔をつくかのように、針さえ打てば直ぐに治るのかと思っていましたが、そんなに簡単なものではありませんでした。確かに針を打って電気を流せば、その時は背中も軽くなったような気もしますし、何回かの治療で痛みも徐々には引いてきました。しかし魔法のように痛みが直ぐに消えてなくなるというようなものでもなく、継続的な治療が必要です。

また、針をしてくれている先生からは、タバコをやめろ、睡眠時間を十分摂れ、毎日ストレッチをしろ等々、結局は健康に生活する為の基本的な注意をされます。針を打ったからと言って、他の基本的な生活の悪習慣を改善しなければ根本からは治らないという事でしょう。

内装工事も同じです。素人目には、これぐらいすぐに出来るんじゃないかと思うような事でも、実際には時間がかかります。壁に色を塗ると単純に言っても、パテで先ずは壁を平滑にし、そのパテが固まるのを待ちやすりがけをして整えます。更にそこにプライマーと呼ばれる塗料の付着がよくなる薬剤を塗り、その上に塗装していきますが、それも塗っては乾くのを待って更に上塗りと最低でも2回は塗らないと綺麗には仕上がりません。色を塗る前にはマスキングテープではみ出しを抑える養生も必要ですし、何かと工程があるものなのです。面倒なのですが、こういった基本的な工程をおざなりにすると最終的に満足のいく仕上がりにはなりません。

傷みの無い健康的な生活も、内装工事も基本が大事。そういった基本的な工程を大切にする安心・安全の内装施工は是非「コーサクセス社」へお任せ下さい。詳細は下記広告で。

 

コーサクセス社のページ

 

コーサクセス社の広告

2021年11月5日 タイ自由ランド掲載