【プーケット旅行センター】プーケット南部のラワイシーフードマーケット 新鮮魚介を向かいのレストランで調理!?

【プーケット旅行センター】プーケット南部のラワイシーフードマーケット 新鮮魚介を向かいのレストランで調理!?

シャコやプーケットロブスターが並ぶ鮮魚店
シャコやプーケットロブスターが並ぶ鮮魚店
シーフードレストランが軒を連ねる通り
シーフードレストランが軒を連ねる通り
シーフードマーケットとレストランが向かいあう
シーフードマーケットとレストランが向かいあう
新鮮な貝やエビを買える店
新鮮な貝やエビを買える店
生きたままのカニや牡蠣を売っている店
生きたままのカニや牡蠣を売っている店
エビの種類も豊富
エビの種類も豊富
イカ、エビ、ホタテ貝、魚などを買える店
イカ、エビ、ホタテ貝、魚などを買える店
貝殻をつかった土産物の販売店
貝殻をつかった土産物の販売店

タイで新型コロナウィルスの感染が確認されてから、1年半が経過し、海外からの観光客がない状態が続いていますが、プーケット旅行センターの村田さんより、現在のプーケットの状況をお知らせ頂きます。今回も自由に旅行が出来るようになったら、訪れてほしい穴場スポットをご紹介いただきます。
・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
タイ自由ランドをご購読の皆様、いかがお過ごしでしょうか?
2021年7月1日の外国人旅行者の受け入れ開始を待つプーケット(6月20日現在)ですが、以前のような活気のある状態になるにはまだ時間がかかると、多くの人が思われているのではないでしょうか?

さて、今回紹介する場所はプーケットの南方・ラワイビーチにあるラワイシーフードマーケットを紹介します。

ここはおよそ150メートル程度のストリートなのですが、この短い距離の中にプーケット近海の鮮魚を扱う店やシーフードレストランが軒を連ねている場所なのです。

各シーフードレストランにてメニューから頼むことも可能ですが、ラワイシーフードマーケットでの醍醐味は鮮魚店で食材を購入し、レストランへ持ち込みお好みの料理方法で調理をしてもらう事でしょう。

鮮魚店の軒先には日本の魚市場のように、プーケットロブスターやカニ、カキやシャコ、イカやエビなどが氷の入ったケースに陳列されており、各ケースにはキロ当たりの値段が掲げられてあります。

お好みの食材が見つかったら、早速購入してみましょう。(同じ店で沢山の食材を購入すると、ディスカウントが期待できるかも!?)

自分が選んだ食材を、好みの調理方法で楽しむ食事はきっとプーケット滞在の良い思い出となることでしょう。

コロナ禍が落ち着いたらぜひ皆さん足を運んでみてください。

日々、新型コロナウィルスの治療薬やワクチン開発に携わる世界中の方々、医療関係および、日常を支えて下さる多くの方々、いつもありがとうございます。

また、すべての皆様の健康を心よりお祈り申し上げます。

問い合わせは下の広告参照で。

 

プーケット旅行センターのホームページリンク
https://www.phuket-ryoko.com/

プーケット旅行センターのブログ
https://www.phuket-ryoko.com/phuket-ryoko.blog/

プーケット旅行センターのフェイスブック
https://www.facebook.com/phuketryoko/

プーケット旅行センターのツイッター
https://twitter.com/PHUKETRYOKO01

プーケット旅行センターのインスタグラム
https://www.instagram.com/phuketryoko/?hl=ja

プーケット旅行センターの広告2021年7月5日 タイ自由ランド掲載

Google Map

  

 

   

関連リンク