タイで釣り

MOKOLEY(モコリー)のタイでフィッシング:釣り堀って楽しい !!

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

MOKOLEY(モコリー)のタイでフィッシング:釣り堀って楽しい !!

釣りというとどんな場所をイメージしますか? 釣りのフィールドは海、川、池、管理釣り場などがありますが、日本は島国ですので海釣りが最もポピュラーです。私も日本にいた頃は、毎週のように船に乗って沖釣りをしていました。広々とした海の上に浮かんで、船の下にどんな魚がいるんだろうと想像するだけでワクワクします。

一方で、タイでは釣り堀や養殖池などでのルアー釣りが最もポピュラーです。バラマンディ、チャドー、プラチョーンなど日本にいない魚を釣れるのは嬉しいものの、日本で沖釣りに慣れていた私にとって、タイに来た当初は「釣り堀って楽しいの??」というのが正直なところでした。

それが、釣り堀や養殖池への釣行を重ねるにつれ「あれ、釣り堀も楽しいぞ」に変わってきました。最初におもしろいと感じたのが、釣り方の自由さ。同じ場所に釣りに行っても、エサを使う人もいれば(釣り堀によっては禁止されています)、ルアーを投げる人もいれば、フライを使う人もいます。日本の沖釣りでは、基本的に使用する糸の太さやオモリの重さ、仕掛けやエサなどが指定されていますので、同じ場所で様々な釣り方をしている人がいること自体が新鮮でした。沖釣りでは船を操縦する船頭さんが「どこで釣りをするか」、「どのような道具を使うか」などを決めますが、釣り堀では最低限のルールさえ守れば自分の自由に釣りをすることができます。その分、考えることも多く難しいということも分ってきました。時間、曜日、天候、地形、釣り人の数、魚の大きさ、エサの与え方など、魚のご機嫌や行動を決める要素も様々。また経験を積むことで自分の作戦の「引き出し」を増やし、釣れる確率を上げていくという点では、沖釣りと同じだと分かり、最近はとても楽しくなってきました!

Mokoleyでは海釣りやバラマンディ釣りの定期ツアーなどを行っています。詳細はの下記広告やホームページ(http://www.mokoley.com/)をご参照ください。

 

2016年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 釣りのMokoley(モコリー)のホームページ

-> 釣りのMokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

釣りのMokoley(モコリー)の広告


 

->Mokoleyの情報

->釣りの情報

->釣りツアーの情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイで釣り
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.