タイ関連コラム 喫茶、スイーツ、ケーキ

エムクオーティエの人気店は巨大フライドチキンの店「ホット・スター」と「クロワッサン・タイヤキ」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

エムクオーティエの人気店巨大フライドチキンの店「ホット・スター」と「クロワッサン・タイヤキ」

エムクオーティエの人気店巨大フライドチキンの店「ホット・スター」と「クロワッサン・タイヤキ」

 

たくさんの飲食店がひしめくエムクオーティエですが、中でも、常に行列の絶えないお店があります。

①地下のフードコート隣にオープン中、台湾からやってきた巨大フライドチキンの店「ホット・スター」。

②日本でも行列ができているというお店。銀だこと同じ系列で、1階にオープン中の「クロワッサン・タイヤキ」

もう少し特徴を挙げると、ホット・スターのチキンは、なんと1個の大きさが30cm以上。クロワッサン・タイヤキは、名前のとおり、あんをクロワッサン生地で包んだ新感覚のデザートとのこと。

わざわざ並んで購入するのは、少々億劫ですが、今回は意を決して、並んで食べ比べをしてみました。

平日、会社のお昼休みに行ってみましたが、どちらも相変わらず行列ができており、数えてみると、どちらも15人ほどの人が並んでいました。

クロワッサン・タイヤキは、並び始めた直後、さらに人がやってきて、あっという間に30名ほどの行列に。購入するまで20分かかってしまいましたが、場合によると30分以上かかってしまうかもしれません。並んでいる人が10~15人くらいだったら、ラッキーです。すぐ並びましょう。

一方、ホットスターは、意外にも10分ほどの待ち時間で購入することができました。

クロワッサン・タイヤキは、ひとつひとつ丁寧に焼いているために、注文状況によっても結構時間がかかってしまうようです。

どちらも熱々のうちに食べるのがよさそうですので、地下のフードコートで、早速、味見をしてみました。

チキンは1枚139バーツ。辛い粉を振り掛けたスパイシー味を選びました。そのまま、かぶりついてもよいですが、とても1人では食べきれない量ですので、手で半分に割いて、そのままがぶり。

ベタベタした脂っぽさがないのと、肉質がよい感じ。KFCを洗練させた感じでしょうか。2~3人でシェアしてちょうどよいボリュームです。

一方、こちらも熱々のクロワッサン・タイヤキ。意外に1個のボリュームがあり、1個60バーツほど。

生地にザラメがついていて、生地も、中身のつぶあんも甘い!
ダブルで甘いですが、焦げた感じが香ばしいのと、生地がサクサクで、試す価値は充分ある美味しいデザートでした。

 

休日はさらに混み合いそうですので、食べてみたい人は、午前中などに行くのがよさそうです。どちらも熱々のうちに食べるのがおすすめです。
(編集部 S)

 2015年6月5日 タイ自由ランド掲載

 -> hotstarのホームページ

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ関連コラム, 喫茶、スイーツ、ケーキ

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.