医療、健康、漢方

コラーゲンについての偏見と誤解

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はコラーゲンについての誤解、偏見の話です。

第1に、消費者のコラーゲンについての無知による偏見です。調べて見ますと、コラーゲンの名前は熟知していても、今までに試したことがない人が65%以上に上がります。コラーゲンについて何の知識の無いまま、又聞きで、怪しいまがい物’扱いで効かないと否定する人が多いのです。確かに10数年前のコラーゲンは高分子なうえ粗悪品も多かつたのですので無理もありません。しかし、その後各社は改善に改善を重ねていまでは低分子(ペプタイド)で吸収率の良い高品質コラーゲンが生産されているのです。世の中 偏見に満ち溢れています。コラーゲンについても同様です。先ず正しい知識と経験を身に着けてから判断するようにしましょう

第2に試した人の中でも飲んだり飲まなかつたり、定期的に飲まずに1週間位で効果が感じられないと飲むのを諦めて効かないと誤解する人が多いのです。速効性を期待し過ぎる人たちです。医薬品は服用すれば直ぐ効果が現れますが、サプリメントは「補足」という意味からも分かるように「普段から不足しがちな栄養素を補うことで健康維持や病気の予防に役立つ健康食品」なので、一定期間(少なくとも1ヵ月)飲み続けないと効果が出ないのです。コラーゲンも同じです。

コラーゲンは一種のタンパク質です。最近の研究では,吸収、消化の仕組みが他のタンパク質とは異なつていることが分かつてきました。実際人に食べてもらい、血液を調べたところ、コラーゲンはかなりの割合でアミノ酸が数個くっついた形で吸収される、ということが明らかになつたのです。コラーゲンは食べてから少なくとも数時間はオリゴペプチドのまま血液の流れに乗つて体内をめぐつていることが分かりました。このことが「肌のハリツヤがアツプした」「ふしぶしの調子がよい」といつたプラスの実感と関係しているのではないかと、と研究者のなかで期待されるようになつたのです。(出典:コラーゲン完全バイブル 真野博著)

毎年次から次と新しいサプリメントが出てきては、殆どは1~2年で泡のように消えて行きます。コラーゲンだけは何だかんだと云われながらも、生き残り毎年着実に市場に根付いて生長しています。富士フイルム、資生堂、森永製菓、明治製菓等の大手一流メーカーも各種のコラーゲン製品を出し続けています。確かに効いているという証拠に基ずきコラーゲンの効果に着目して研究を重ね、販売し、消費者もその効果を認めているからに他なりません。

今までご注文を頂いたお方は, 男性も含めて長期間コラーゲンを飲み続けてる信奉者か、異国でバリバリ働いている独立心が高く、好奇心が旺盛な女性や他人の意見に惑わされず自分自身の確固たる意見を持つている魅力的な人な女性です。共通しているのはどのお方も毎日、定期的に飲んでいることですことと、健康な食生活、十分な睡眠、適度の運動を行つています。不摂生な生活をおくつていてはいくらコラーゲンを摂取してもお役に立ちません。

紫外線による肌の細胞のダメージは予想以上に強く、直接当たらないまでも、秘かに肌に侵入、今は見えなくともいずれ現れます。10年後も魅力的な女性であるために今日からでも遅くはありません。 効果なければ全額返金保証のシルキイコーラ源です。得はしても、損はないのです。

2015年6月20日 タイ自由ランド掲載

-> シルキイコーラのホームページ

 シルキイコーラの広告

シルキイコーラの広告

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療、健康、漢方
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.