老地方

ランチ

老地方では新メニューも登場

  素朴でありながら味わい深い中国の家庭料理が好評の「老地方」。 日本人のリピーターも多く、ランチタイムは日本人の主婦、週末は子ども連れの日本人家族も多く訪れます。 2階にもテーブル席があるので、外から見て1階がいっぱいでも、大丈夫です。 今回紹介するのは、白身魚のピリ辛スープ(389B)、海老の串焼き(289B/439B)、そして新メニューのチキンウィングの麻辣(マーラー)揚げ(180B)です。 白身魚のピリ辛スープは、魚が丸ごと入っていて迫力満点。見るからに辛そうですが、すっきりとした辛さで、辛さは後を引かず、スーッと抜けていきます。 スープにはコクがあり、白身の魚の淡白な味を引き立てます。ご飯とよく合うスープです。 海老の串焼きは、頭からバリバリ食べられます。こちらも唐辛子が乗っていますが、程よい辛さで、海老の旨みと香ばしさを堪能できます。 新メニューのチキンウィングのマーラー揚げは、ビールが欲しくなる一品です。麻辣(マーラー)とは中華料理の味付けで、ひりひりする辛さと、しびれる辛さを合わせたものです。 ...
料理

「老地方」のシンプルな中国の家庭料理

  素朴な家庭料理だけど、出来上がりの一品は一味違うのが「老地方」。化学調味料なども一切使わず、味付けはとってもシンプル。 たとえば紅焼肉(ホンシャオロウ)は、豚バラのしょうゆ煮で、中国風「豚の角煮」という料理。シンプルな中にも奥深い味わいがあります。ぜひお試しください。 場所は、タイ自由ランドがあるソイ41を入ったところ。 週末は、子ども連れの日本人家族の来店も多く、1階は4人席が並ぶが、2家族合同で、という時は2階にグループ用の席があるので心配ない。 メニューは写真つきで日本語の表示もありサービス料、VATも付かないから、とてもリーズナブルです。 駐車場はないので、ソイ41の通り沿いなどに停めるのがベスト。ソンクラーンは4月13日~15日お休み致します。 2018年4月5日 タイ自由ランド掲載 -> 老地方 Lao ti fangのページ -> 中国料理店 ->老地方の情報 ->中華料理の情報 ->中国料理-の情報 ...
料理

老地方のニラの蒸し餃子

  昼、夜ともににぎわっている中国家庭料理の店「老地方」は、とってもリーズナブルな値段で、在タイの日本人にも支持されています。 昼間は近くのメトロポリスやエムクオーティエのオフィス棟で働くIT関連の中国人、夜は日本人家族や日本人サラリーマン同士などでにぎわっており、おなかいっぱい食べても1人400バーツほどの値段で、ひと皿、ひと皿、高級ホテルの中華料理店で出てくるクオリティーで人気があります。 今回は、ニラの蒸し餃子を紹介しましょう。肉汁の詰まったこの餃子は小ぶりで皮も薄目。10個で79バーツととってもリースナブルです。他に白菜やセロリなどの蒸し餃子、水餃子、焼餃子などがあります。 1階は4人テーブル席ですが、2階は10人以上の宴会にも対応しており、事前の予約をしておけば安心です。 土、日曜は昼夜通しでの営業で、子どものある家庭の食事にもぴったりです。 2018年3月5日 タイ自由ランド掲載 -> 老地方 Lao ti fangのページ -> 中国料理店 ...
料理

化学調味料を使わない!中国料理店「老地方」

  土曜、日曜などは家族連れでいっぱいの中国料理店「老地方」。化学調味料を使わず、本場の味を提供しています。写真のブロッコリーとえびの炒め物も、本当に素朴な味で、とってもからだにやさしい。こういうかざらない素朴な味付けが日本人に人気の理由だと思います。 さらに料理もとってもリーズナブルで、3人でおなかいっぱい食べても1000バーツでおつりがくるくらいです。 外から見ると1階が埋まっていても、2階にも席がありますので、どうぞ2階に上がって下さい。 平日はランチと夕方からに分かれますが、土、日曜は昼夜通しで営業しています。 2017年10月5日 タイ自由ランド掲載 -> 老地方 Lao ti fangのページ -> 中国料理店     ->老地方の情報 ->中華料理の情報 ->中国料理-の情報
ランチ

中国の家庭料理店「老地方」は、日本料理とはひと味違うおいしさ

  スクムビット・ソイ41に入ったところにある「老地方」は中国の家庭料理で、何をたのんでもおいしいのですが、これは今まで食べたことがなかった料理です。 えびを少し小麦粉を付けて揚げてから、そのあとガーリックと炒めてあるんですね。これもおいしいですね。日本の料理ともひと味違っていて、不思議ですね。 ぜひ、老地方ファンの方はこれに挑戦してほしいと思います。 老地方は、昼間のランチタイムと夕方から営業しており、昼は日本人の主婦、そして近くの中国人ビジネスマン、夕方からは仕事帰りの日本人、日本人主婦、中国人などで満員になり、週末は家族連れで、1~2階は埋まってしまいます。 2階もテーブルがあるので、外から見て1階がいっぱいでも、どうぞ入って来てください。 駐車場はあいにくないですが、ソイ41の通り沿いは偶数日、奇数日で、それぞれの側に駐車可です。 ホテルの中華と同じクオリティーで値段は3分の1の同店にぜひ足を運んでみて下さい。 2017年8月5日 タイ自由ランド掲載 -> 老地方 Lao ti fangのページ -&...