曼谷鶴亀

料理

イワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」のイワシつみれおでん

  今回紹介するイワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」の一品は、イワシつみれおでんです。 ふわっとした食感でイワシの旨味が口の中に広がりながら、ほろほろ溶けていきます。そしてイワシの味と風味が、他のおでんの美味しさを引き立ててくれます。ぜひお試しください。 曼谷鶴亀には刺身、塩焼き、なめろう、寿司、フライ、唐揚げ、つみれ天ぷら、つみれバーグなど、イワシを使った料理が幅広く揃っており、東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 イワシは鮮度が命です。曼谷鶴亀の独自のルートと方法で、日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめます。 2階には小上がり席が3テーブルと、個室が2部屋 (15名と8名)があり、貸し切ると最大20名まで対応出来ます。 場所はトンローソイ9を入って50m先の薬局の小路を入った所です。店頭は3台駐車可。   2018年9月5日 タイ自由ランド掲載 ->厳選 ! 夫婦で行ける居酒屋特集 ->厳選 ! 宴会、パーティーで使える店 ->イ...
料理

色々注文したくなる! トンローのイワシ料理専門「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」

  バンコク唯一のイワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」には、イワシ料理はもちろん、個性的な一品料理が揃っていて、いろいろ注文したくなります。 なにはともあれ、まずはイワシの刺身。脂が乗っていてお酒に合います。直前に叩かれた新鮮ななめろうは、しっとりしていてほんのり甘みがあります。日本でもなかなか食べられない銀皮がきれいに残ったイワシ寿司は、何貫でも食べられる美味しさです。 1尾ずつ最高の味を引き出せるのは、イワシを熟知した、東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長ならでは。 イワシは鮮度が命です。曼谷鶴亀の独自のルートと方法で、日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめるようになりました。 イワシ以外で、お勧めの人気メニューが「超辛麻婆豆腐」と「メンチカツ」。 「超辛麻婆豆腐」は一口食べると汗が止まらなくなるほどの辛さ。しっかりと旨味もあるので止められなくなってしまう一品です。 また、「メンチカツ」は肉がぎっしりて詰まって満足感MAXの一品。 2階には小上がり席が3テーブルと、個室が...
料理

「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」はやみつきになる絶品料理がいろいろ

日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめる「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」は、バンコク唯一のイワシ専門店です。 東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 イワシの刺身、イワシ寿司、イワシつみれ汁、イワシフライ、イワシ唐揚げ、イワシつみれ天ぷら、イワシつみれバーグなど、イワシを使った料理が幅広く揃っています。 銀皮がきれいに残ったイワシ寿司は、何貫でも食べられる美味しさです。日本でもなかなか食べられない新鮮なイワシ寿司をバンコクでも楽しめるのは、イワシ専門店ならではです。 イワシ料理以外に、やみつきになる人続出の人気メニューのひとつが「超辛麻婆豆腐」です。 「超辛麻婆豆腐」は一口食べると汗が止まらなくなるほどの辛さ。しっかりと旨味もあるので止められなくなってしまう一品です。 2階には小上がり席が3テーブルと、個室が2部屋(15名と8名)があり、小上がり席を貸し切ると最大20名まで対応出来ます。 場所はトンローSoi9を入って50m先の薬局の小路を入った所です。店頭は3台駐...
料理

曼谷鶴亀では金目鯛もお楽しみください

  曼谷鶴亀では日本産(銚子、勝浦、下田、等)の金目鯛を仕入れております。 大きさは脂がのってくる1キロ以上の物を厳選しており、主に刺身として提供しております。 その他には、カブト煮(刺身用の金目の兜)や入荷状況により、姿煮(300g前後のものを入荷した時のみ)もございます。 ・刺身388バーツ ・カブト煮388バーツ ・姿煮588バーツ 日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめる曼谷鶴亀では、東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 イワシの刺身、イワシ寿司、イワシつみれ汁、イワシフライ、イワシ唐揚げ、イワシつみれ天ぷら、イワシつみれバーグなど、イワシを使った料理が幅広く揃っています。 2階には小上がり席が3テーブルと、個室が2部屋(15名と8名)があり、小上がり席を貸し切ると最大20名まで対応出来ます。店頭は3台駐車可。 5月より毎週日曜日が定休日になっております。 2018年5月5日 タイ自由ランド掲載 ->イワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」...
個室がある日本料理店

イワシ料理専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」で4月30日まで1周年プロモーション

  イワシ料理専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」は、おかげさまで一周年を迎えます。日頃のご愛顧に感謝を込めて、プロモーションを実施中です(4月30日まで)。 ①黄金の芋 1本ご購入の方に、もう1本サービス。 ②お会計1000バーツに付き200バーツのお食事券プレゼント ぜひこの機会に曼谷鶴亀へ、お越しください。 曼谷鶴亀では、東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 イワシは傷みやすいデリケートな魚ですが、曼谷鶴亀の独自のルートと方法で、日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめるようになりました。 2階には小上がりと個室が2室あります(14名と8名)。14名の個室は喫煙可です。 場所はトンロー・ソイ9に入って、少し進んだ左手にあるソイにあります。店頭に駐車もできます。ぜひ曼谷鶴亀へ、お越しください。5月2日より定休日が火曜日から日曜日になります。 2018年4月20日 タイ自由ランド掲載 ->イワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」の...
料理

いわし料理専門店「萬谷鶴亀 」で1周年プロモーション

  トンロー・ソイ9のバンコク唯一のイワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」は、おかげさまで一周年を迎えます。日頃のご愛顧に感謝を込めて、プロモーションを実施中です(4月30日まで)。 ①黄金の芋 1本ご購入の方に、もう1本サービス。 ②お会計1000バーツに付き200バーツのお食事券プレゼント ぜひこの機会に曼谷鶴亀へ、お越しください。 曼谷鶴亀では、東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 まず試して欲しいのが、イワシの刺身。脂がのっていて、イワシの旨みをダイレクトに味わえます。 イワシの塩焼きは、火を通すことでイワシの風味が引き立ちます。イワシのなめろうは、イワシ独特の味わいが楽しめる、お酒のお供には最高の一品です。 その他にもイワシを使った料理が幅広く揃っています。またイワシ料理以外にも、バラエティに富んだメニューが揃っています。 店頭に駐車もできます。 2018年4月5日 タイ自由ランド掲載 ->イワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」のページ ->イ...
個室がある日本料理店

バンコク唯一のイワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」

  日本と同じ採れたての新鮮なイワシを、バンコクでも楽しめる「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」は、バンコク唯一のイワシ専門店です。 東京の老舗イワシ専門店で20年以上の経験を持つ料理長が腕を振るいます。 イワシの刺身、イワシ寿司、イワシつみれ汁、イワシフライ、イワシ唐揚げ、イワシつみれ天ぷら、イワシつみれバーグなど、イワシを使った料理が幅広く揃っています。 銀皮がきれいに残ったイワシ寿司は、何貫でも食べられる美味しさです。日本でもなかなか食べられない新鮮なイワシ寿司をバンコクでも楽しめるのは、イワシ専門店ならではです。 イワシ料理以外に、やみつきになる人続出の人気メニューが「超辛麻婆豆腐」と「メンチカツ」。 「超辛麻婆豆腐」は一口食べると汗が止まらなくなるほどの辛さ。しっかりと旨味もあるので止められなくなってしまう一品です。 また、「メンチカツ」は肉がぎっしりて詰まって満足感MAXの一品。リクエスト対応ですが、常連さんは「デミグラソースかけて!」と注文するらしいです。 2階には小上がり席が3テーブルと、個室が...
料理

イワシ一筋で事業開始

  日本同様の新鮮なイワシを食べられる店として、今年春、トンロー・ソイ9にオープンしたバンコクで唯一のイワシ専門店「曼谷鶴亀(ばんこくつるかめ)」は、オーナーと料理長の偶然の出会いが、開店のきっかけとなったという。 東京・神田の老舗イワシ専門店で20年の修行を積んだ経験を持つ料理長の熱田孝四郎さん(47歳)は、その偶然の出会いについて「イワシは体に7つ程度の黒点があるので、別名七つ星とも呼ばれるのですが、自分にとってのラッキー7かもしれませんね」と笑った。 オーナーと料理長の熱田さんが、最初に出会ったのは、東京の日暮里にある場末のスナックだったそうだ。 熱田さんは当時の仕事に一区切り付け、千葉の地元へ戻る引越しの準備も済ませ、東京での最後の夜、スナックのカウンターで一人で飲んでいた。そこにたまたまやって来たのが、曼谷鶴亀のオーナーとなる高本さん。その時はカウンターで世間話をして、ばらばらに店を出たが、その後、立寄ったラーメン屋で、またばったりと会ったという。 熱田さんが、ちょうど仕事を辞め明日地元に帰るところだと話すと、バンコクで居酒屋の開業を...