釣りツアー

Mokoley

Mokoley(モコリー)の特別企画!パタヤの船上で花火鑑賞

アメリカを始め、海外からの腕利き花火師が集合、パタヤの夜に素晴らしい花火が繰り広げられます。この花火を人ごみの中でなく、「Mokoley(モコリー)」の船に乗って、海の上から冷たい飲み物片手にゆったりと鑑賞しませんか? スケジュールは両日とも同時刻となります。 18時オーシャンマリーナヨットクラブに集合、乗船し海上に移動します。 19時30分から22時まで船上で花火鑑賞し、22時30分にオーシャンマリーナヨットクラブで下船後解散となります。 各日先着15名様まで。乗船料は1名1070バーツ(マリーナ使用料金が70バーツかかります)です。 食べ物、飲み物は各自持ち込み(飲み物を冷やす氷はご用意いたします)可能です。 バンコクからの送迎車が必要な方はメールでご相談ください。 お申し込み、お問い合わせは、 info@mokoley.comまでメールで。 詳しくは下の広告内の連絡先までお問い合わせください。 Pattaya International Fireworks Festival 2019の詳細は下記サイトでご覧ください。 ...
Mokoley

釣りツアーの「Mokoley(モコリー)」で連休は釣りをしよう

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、釣りツアーの「Mokoley(モコリー)」で連休は釣りをしようについての記事を紹介しています。
Mokoley

「Mokoley(モコリー)」でアマゾンの魚を釣る

釣り具販売と釣りツアーでおなじみの「Mokoley(モコリー)」では、バンコクから日帰りで楽しめるツアーとして、南米アマゾン河の魚を飼育している池での「アマゾンフィッシュツアー」も行っています。 生きている化石ピラルクーを高確率で釣ることが出来るツアーもあります。ピラルクーのサイズは小さめのものも混じりますが、高確率でピラルクーを釣ることができる「アマゾンフィッシュコンプリート」に一番近い養殖池へご案内します。 ピラルクー以外にもアリゲーターガー、アロワナ、レッドテールキャットフィッシュ等、日本では味わえない魚ばかりです。 「ピラルクーを釣った!」「アマゾンフィッシュを釣った!」 というステータスを日本に持ち帰ってみませんか? ほかには天然魚を釣るツアーやメコン大ナマズのような巨大魚を釣るツアーも催行しています。 また、家族や友人グループなどでも楽しめる日帰り釣りツアーも多数取り扱っています。釣り道具のない方にはレンタルの釣竿(要予約)があるので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。 お申し込みは下記広告内の当社ウェブサイトからお申...
釣りツアー

世界のモンスターフィッシュを釣ることが出来るフィッシングパークがオープン

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、世界のモンスターフィッシュを釣ることが出来るフィッシングパークがオープンについての記事を紹介しています。
釣りツアー

プーケットでは初の巨大魚・モンスターフィッシュを釣ることが出来る釣り堀へのツアー

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、プーケットでは初の巨大魚・モンスターフィッシュを釣ることが出来る釣り堀へのツアーを紹介しています。
Mokoley

「Mokoley(モコリー)」でタイで海釣りに挑戦!

タイのバンコクで21年間、フリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、「Mokoley(モコリー)」でタイで海釣りに挑戦!についての記事を紹介しています。
Mokoley

シミラン諸島で大物釣り

  今回はシーズン真っ盛り! アンダマン海での釣り行程の具体案です。  日帰り案 朝一の飛行機でバンコクからプーケットに移動します。 ドンムアン空港からは、タイ・エアアジアとノックエアはバンコク発が6時台、プーケット到着が7時半ごろ、スワンナプーム空港からは、バンコク・エアウェイズが同様の時間帯で飛んでいます。 乗船はプーケットから北に車で約1時間半のパンガー県の船着き場から。 朝一の飛行機でプーケットに到着すると9時半ごろには乗船できます。 釣り場は出船地からシミラン諸島までの海域、たくさんの人工パヤオが浮かんでいる海域を移動しながら探っていきます。帰港は夕方5時半ごろ、船着き場にシャワーもあり、空港への移動前にシャワー着替えも可能です。 再びプーケット空港まで移動、夜10時ごろの飛行機でバンコクに戻る。こんな感じの予定なら、日帰りでも大物釣りを経験することも夢ではありません。  1泊2日案 日帰り同様のフライトでバンコクからプーケットに移動、車で船着き場に移動、乗船。釣り場はシミラン諸島からさらに西に進んだ深場での釣行。こ...
Mokoley

いよいよ海釣りシーズン到来!!

タイのバンコクでフリーペーパーを発行するタイ自由ランドが、いよいよ海釣りシーズン到来!!のMokoley(モコリー)を紹介しています。
Mokoley

「Mokoley(モコリー)」のチャドー釣り定期ツアー

  女性や子供でも楽しめる釣りをするなら、「Mokoley(モコリー)」のバラマンディー定期ツアーへどうぞ。 毎月第3土曜日はチャドー定期ツアーです。 最低催行人数6名様でご案内いたします。 10月のチャドー釣り定期ツアー予定日は10月20日(土)です。 場所はバンコク市内から1時間以内で行けるラムルッカ地域の池です。 モコリーが野池の土地オーナーと契約を交わした契約池です。当社からのお申し込みでしか釣りができない池です。 今まで釣り堀ではチャドーを釣ったことがあるが、天然環境で一度は釣ってみたい。 貯水池、ダム湖まで行ったことはあったが、釣果が得られなかった。 タイ滞在が短すぎて、ダム湖まで行く時間がない。 日本でバス釣りをしていたので、管理釣り場より、野池が好き、など天然環境での釣りがお好きな方に最適です。 モーターガイド付きセルフ操船での野池チャドー釣りをお楽しみください! 船の数に限りがありますので、8名様で締め切りとなります。 釣り具を持っていない人にはレンタルタックル、1セット500バーツがあ...
Mokoley

パタヤのMokoley005号船 ソナーつきました

パタヤの南、オーシャンマリーナヨットクラブに係留しています、Mokoley(モコリー)自社船、Mokoley005号が、エンジン整備、全塗装を終え、新しく生まれ変わりました。 今までよりさらにスムースな走り、最高速度25ノット、巡行速度18ノットは、タイの木造遊漁船の2倍以上の速さです。 ポイントまでの所要時間を圧倒的に短縮できますので、より長い時間釣りを楽しめます。 走行海域は、シャム湾全般。お客様のご希望のポイントをお知らせ下さい。 餌釣り、泳がせ釣り、ジギング、キャスティング、どんな釣り方でも対応できます。 船には、GPS、魚探などのほかに、このたびソナーも装着されました。 ソナーとは、船の直下型に魚を探す魚探知機とは違い、船の前方や横方向など、全周囲の魚群分布状況を探知表示する水平魚探のことです。 釣りポイントでより正確に魚の所在を認知できる事により、より良い釣果を期待することもできます。 魚の居場所が見つかったら、あとはうまくおびき寄せ、餌やルアーに食いつかせるだけ、そこからは釣り人た...
Mokoley

アオリイカが今熱い!!

  8月は季節的には強い海風が吹く日もあり、遠海での大物釣りにはあまり向かない時期ですが、今頃の海釣りでお勧めしたいのは比較的近海でのアオリイカ釣り。 本来のイカ釣りシーズンは10月ごろから始まりますが、今年は今頃からでも結構大き目なアオリイカがシャム湾で釣れます。 イカは夜釣り?いいえ、昼間からでも場所を選べば大物が釣れます。 先週日本からのイカ釣りテレビ取材のお世話をさせていただいた時も、1キロ以上もあるアオリイカが釣れました。 アオリイカは岸辺の岩場などでも釣れますが、やはり島まで船で渡り、海の底が見えるくらい透き通った水場での釣果は格別です。 釣り方はエギと呼ばれるイカ釣り用ルアーでの投げ釣り。 エギは10㎝以下の比較的小さめで多少重さがあるものが最適です。 肉厚のアオリイカは天ぷらにしても煮物にしても、超美味‼ 自分で釣ったイカの味はまた特別においしいです‼ 力ずくの釣りではないので、お子様でも女性の方でもお気軽に楽しめます。 「Mokoley(モ...
Mokoley

夏休みは「Mokoley(モコリー)」のツアーで釣りに出かけよう!

   夏休みは「Mokoley(モコリー)」のツアーで家族や友人グループで釣りに出かけてみませんか? 格安で簡単で大きい魚がいる釣り堀へのツアーをご紹介いたします。 バンコクから車で1時間ほどの場所でメコンオオナマズ、プラサワーイ(チャオプラヤキャットフィッシュ)、ティラピアなどを釣ることができます。 魚がジャンプするような派手さはありませんが、強烈な引き味を楽しむことができます。 レストランも併設しているので、ツアーに含まれているお食事のほかにも料理を注文することができます。 ゲーム性の高い釣りがしたい方、日本で鯉釣りをしていた人にオススメのツアーです。人数が増えるほど、1人当たりの料金が安くなるので、夏休みのお出かけにもどうぞ。 このツアーの釣り場番号はCF-02となります。お申し込みの際には番号をお伝えください。 釣り竿は事前に予約するとレンタルすることができるので、釣り具を持っていなくても参加することができます。 なお、バケツ1杯の練エサはツアー料金に含まれていますが、2杯目からは現地でお求めくだ...
Mokoley

Mokoleyの夏休み天然チャドー釣りツアー、最終ご案内

  Mokoleyは毎年8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムでの天然チャドー、カスープ、プラチョン釣りツアーを計画しておりま​す。​ 1ヵ月前にもご案内を掲載させていただきましたが、日程が多少変更になりましたので再度ご案内させていただきます。これが最終ご案内となります。 カオレームダムはバンコクから北西約300㎞に位置するタイーミャンマー国境近くのダム湖です。ダム湖は南北に細長く、​今年の​釣行目的地はその​南端に​位置する​トンパプーム​という村からの出船になります。 カンチャナブリ県には飛行機も飛んでおらず、高速道路も通っていません。ひたすら地道で約4時間半ですが、昨年までの釣行地サンカブリに比べると山を一つ越える手間が省けるだけ、移動時間が短くなります。​ 今年は昨年と違い2泊3日で3日間めいっぱいの釣行時間をとっての企画になります。 日中は時間が許す限り湖の奥の奥までチャドーを狙い、昼も​ロッジ​に帰らず、日陰で仮眠をとりながら夕方まで釣行。今年は、エアコン、温水シャワーのある文化的​なリゾートでの快適な宿泊となります。...
Mokoley

パタヤ近郊で潮干狩り

  パタヤ近郊に住み始めて3年目になりますが、ここに来て気づいたことは、季節による海の様子の違いです。 ひんやりとした山側からの風が吹き始めると、地元の人は冬(乾季)が来ると言い、しばらくの間、波が不安定になりますが、やがてメリハリのいい潮の満ち引きが見える釣りにはいい時期になります。 また、雨季の始まりの今の時期は潮がかなり沿岸から遠くまで引き、海岸線から300㍍くらい遠くまで歩くことができる日もあります。 こういった大きな引き潮がみられるのは6月から8月ごろまで、今は潮干狩りにはもってこいの時期になります。 地元の人たちはこの時期、小さいクマデのような砂を掘る道具、バケツ、小さな椅子をもって砂浜に出掛け、貝を掘っている姿がいたるところに見られます。 1時間もすればバケツ半分くらいの量、たぶん4人家族でしたら夕食には十分な量が取れます。 写真の人たちが取っている貝は、『ホイカプック』と呼ばれる貝で、唐辛子炒めなどにするとおいしいそうです。 週末のご家族でのドライブで海岸線を走って、地元の人たちが潮干狩りしているあ...
Mokoley

夏休みはカオレームダムで天然チャドーを釣ろう!

  毎年恒例となりました夏休みカオレームダムでの天然チャドー釣りツアー参加者を募集しています。 「Mokoley(モコリー)」は毎年8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムでの天然チャドー、カスープ、プラチョン釣りツアーを催行していま​す。 カオレームダムはバンコクから北西約300㎞に位置するミャンマー国境近くのダム湖です。ダム湖は南北に細長く、​今年の​釣行目的地はその​南端に​位置する​トンパプーム​という村からの出船になります。カンチャナブリ県には高速道路も通っておらず、ひたすら地道で約​4時間半ですが、昨年までの釣行地サンカブリに比べると山を一つ越える手間が省けるだけ、移動時間が短くなります。そのため、釣行時間を昨年より長めにとることができます。​ 今年は2泊3日で3日間めいっぱいの釣行時間をとっての企画になります。(8月11日~14日の期間、2回に分けて出発) 日中は時間が許す限り湖の奥の奥までチャドーを狙い、昼も​ロッジ​に帰らず、日陰で仮眠をとりながら夕方まで釣りを楽しめます。 ​  今年の宿泊地は、エアコン、温水シャワ...
Mokoley

バンコクから日帰り アマゾン河の怪魚釣り

  釣り具販売と釣りツアーでおなじみの「Mokoley(モコリー)」。では、各種釣りツアーを催行しています。 常夏の国であるタイは水温が高く、日本で見ることのない大きな魚が生息しています。 この水温の高さから、タイでは南米のアマゾン河から持ってきた魚を飼うことができるのです。アマゾン河といえば、世界最大最長の大河で、怪魚好きにはたまらない場所となっています。 アマゾン河で釣りというと、簡単には実現できないかもしれませんが、「Mokoley」では、そのアマゾンの大きな魚をタイで釣ることができる「アマゾンフィッシュツアー」というコースも用意しています。 池には世界最大級の淡水魚ピラルクーやアリゲーターガー、高級観賞魚として有名なアロワナや赤い尾ひれが特徴的なレッドテールキャットなどが生息しています。ピラルクーは大きいもので2mくらいあります。 また、10㎏くらいのレッドテールキャットなどもよく釣れます。餌にはアジの切り身や鶏肉を使います。 アマゾンの大型魚を釣るなんて、なかなかできることではありません。超特大の引きを楽しんで...
Mokoley

Mokoley(モコリー)定期ツアーでチャドー釣りに挑戦!

  『釣りのことならMokoley(モコリー)にお任せ!』のMokoley(モコリー)では、毎月第3土曜日にチャドー釣り定期ツアーを催行しています。『チャドー』とは、どんな魚?​ ​東南アジアに生息する雷魚の仲間、英語では一般にジャイアントスネークヘッドと呼ばれています。大きいものになると、全長1メートル、重さは10㎏を超します。 鋭い歯を持ち、性格は非常に獰猛です。主に小魚を餌としていますが、カエル、小鳥、ネズミなど水辺に来る生き物すべてに食らいつく猛者でもあります。 この手ごわい魚をものにしたときの至福の喜びは、何にも代えがたい達成感でヤミツキになります。​ この魚を釣るのは危険か? いいえ、釣り自体は危険ではありませんが、魚の口に手を入れない、使用するフック(針)の返しをつぶしておくなどの安全対策をきちんと守っていただければ楽しくたくさん釣ることができます。 ​ 定期ツアーでご案内する池は​、バンコク市内から1時間以内で行けるラムルッカ地域​、​ Mokoley(モコリー)が野池の土地オーナーと契約を交わした池で、当社からのお申し...
Mokoley

パタヤでフィッシングショー

  4月28日(土)~30日(月)にパタヤのインドアスタジアムでパタヤ初のフィッシングショーが開かれます。 毎年バンコクで開かれていたタイランド・インターナショナル・タックル・ショーが、今年はパタヤで開かれるタイランド・スポーツフィッシング・トレード&エキシビションに変わり、開催されることになりました。 このフィッシングショーには当社「Mokoley(モコリー)」をはじめ、Mokoleyが代理店契約をしている日本の釣り具メーカー、「SHIMANO(シマノ)」のほか、多くの日本の釣り具メーカー、アメリカ、ヨーロッパのメーカー、地元タイ国内のメーカーなどが2018年新モデルの紹介、ならびに在庫商品の展示即売をします。 今回のショーは海に近いこともあり、船、船外機、ジェットスキー、カヌー、カヤックなども屋外で展示販売されます。 Mokoleyのブースでは、非常にお得な福袋をご用意、皆様をお待ちしております。 週末をパタヤで過ごし、フィッシングショーで今まで目をつけていた釣り具をとことん探してみてはいかがでしょう? 開場時間は10時...
Mokoley

ソンクラーン休みに「Mokoley(モコリー)」で魚釣り

  釣具の販売と釣りツアーでおなじみの「Mokoley(モコリー)」では、ソンクラーン期間も楽しめる海釣り、ダム釣り、沼湖での釣り、養殖池、釣堀での釣りなど、多数のツアーをご用意しております。 海釣りではお子様でも安心して楽しんでいただける、サビキなどで楽しむ五目釣り等があります。 ダムや沼湖での釣りはタイの自然を満喫しながらの天然のジャイアントスネークヘッドやプラーガスープ釣りを楽しんでいただけます。 お時間がない方でもバンコク近郊の釣堀、養殖池でバラマンディーやジャイアントスネークヘッド、メコン大ナマズ、アマゾンの魚など日本では釣ることのできない魚を釣ることができます。タイ滞在中の思い出に家族やご友人と一緒に楽しまれてはいかがでしょうか。 なお、ソンクラーン時期は混み合いますので、お早めにご予約をお願い致します。 まずは釣り体験を!という方には、「Mokoley」の定期ツアーに参加してみてはいかがでしょうか? ソンクラーン期間中では、4月14日(土)に開催されるバラマンディー定期ツアーの参加者受付中です。 場所...
Mokoley

釣りのMokoley(モコリー)でタイならではの魚釣りを体験!

  春休み中に日本からご家族やご友人がタイを訪問されるご予定のある方は多いと思います。 どこに連れて行ったらいいか?なにか日本ではできない体験をさせてあげたいとお考えの方、日本では釣ることのできない、珍しい魚を釣りに行ってみませんか? 1.バラマンディー釣り 数あるタイの釣り堀でルアー (疑似餌)での釣りの代表格はバラマンディー釣りです。日本にも同種類の魚で、『赤目』と呼ばれている魚がいますが、幻の魚と言われているほど希少な魚です。タイのバラマンディーは管理釣り場ですと、比較的簡単に釣ることができます。お勧めはバラマンディーを養殖している池で釣らせてくれる場所です。養殖池のバラマンディーは、食用として飼育されている魚を出荷するまでの成長期間中池のオーナーが釣らせてくれる仕組みです。 釣り堀のバラマンディーと違い、釣られることへの警戒心が少ないので、比較的釣りやすい釣り場になります。 2.メコンオオナマズ釣り 体の白っぽい巨大なナマズを抱えている写真を皆さんも少なからず一度は目にした経験があると思いますが、これがメコン川に生息しているメコンオオナマズ...
Mokoley

モコリーのチャドー定期ツアー

  釣りのことならMokoleyにお任せのモコリーでは、毎月の第2土曜日、バラマンディー定期ツアー、第4土曜日、海釣り定期ツアーに加え、今回新たに第3土曜日にチャドー定期ツアーを催行し』とは、タイ語でジャイアントスネークヘッドフィッシュのこと。雷魚の一種です。このチャドーを静かな天然池で、モーターガイド付きの船で探索しながら釣る、管理釣り場では味わえないスリル感をバンコクからたった1時間ほどの池で体験できます。 本来ならば天然チャドーは、2~3日かけて山奥のダム湖まで行かないと釣るチャンスがない魚ですが、モコリーのチャドー定期ツアーでは、春休み中にこんな貴重な体験ができちゃいます。 今月は3月17日(土)です。モコリー前に集合、専用車の移動、昼食、船レンタル、釣り専門ガイドがすべてそろった便利なツアーです。 ​​ 6名様ご参加からツアーは催行されます。 船の数に限りがありますので、8名様で締め切りです。 ご参加料金、釣りの詳細は、下記広告内、当社ウェブサイト、モコリーチャドー定期ツアーページをご参照下さい。 日本語でのお問い合わせは、081-...
Mokoley

アンダマンで今、釣りは最高のシーズン

  アンダマンでの釣りは今最高のシーズンを迎えています。 『釣りのことならMokoley(モコリー)におまかせ』のMokoleyは自社船を2艘所有していますが、今の時期だけモコリー004号船をアンダマン側に移動、皆様の楽しい釣りのお手伝いをしています。 3月だけのプロモーション 3月5日(月)~9日(金)、12日(月)~15日(木)のウィークデーに船をチャーターしていただけるお客様には、チャーター代がなんと破格の1日1万5千バーツ(燃料+キャプテン込み)、3月10~11日の週末は1泊2日がなんと2万2千バーツ お勧めのコースはバンコクドンムアン空港からのエアアジア、3時35分発の飛行機だとプーケットに5時に着きます。そこから車チャーターで港に直行、乗船7時、夕方帰港、港で軽くシャワーのあと、プーケットに車チャーターで移動。 ご希望により1泊2日での手配も承ります。 この機会に、また赴任中にぜひGT(ジャイアントトレバリー)の顔を見てください。 詳しいお問い合わせはMokoleyまで。日本語でのお問い合わせは、081-826...
Mokoley

「Mokoley(モコリー)」でタイの海で釣りを楽しもう

  タイ滞在中に海釣りに行ってみませんか? 釣り具販売と釣りツアーの「Mokoley(モコリー)」では、レンタル釣り具もあるので、道具を持っていない方も安心して釣りツアーに参加していただけます。 初心者向けの海釣りツアーとしてはパタヤ近郊の日帰りツアーと1泊2日の船中泊ツアーがあります。 また、船が苦手な方には足場がしっかりしたゆれの少ない、いかだ釣りもあります。 大物釣りも楽しめますが、初心者や子供も安心のサビキを使った五目釣りをお楽しみいただけます。特に日帰りツアーなら、初心者、女性、子供にも釣りの楽しさを知ってもらうのに最適なツアーとなっております。 なお、いかだ釣りは回遊してくる魚次第となるので、釣果よりも雰囲気を楽しみたいグループにお勧めです。 そして初心者向けでも最もディープな船中泊ツアーはたっぷり釣り時間が取れるだけでなく、船の上で共に夜を過ごすので、家族や友人と濃密な時間を過ごすことになるでしょう。 何と言っても海釣りでは、船上で釣ったばかりの魚を刺身で食べたり、バンコクの自宅に持ち帰るのも自由です...
Mokoley

「Mokoley(モコリー)」でメコンオオナマズを釣ろう

  タイ滞在の思い出に世界的に有名な元祖巨大魚釣堀でメコンオオナマズを釣ってみませんか? 釣り具販売と釣りツアーでおなじみの「Mokoley(モコリー)」では、各種釣りツアーを催行しており、バンコクから車で約1時間30分ほどの場所にある釣堀ではメコンオオナマズを釣ることができます。巨大魚を釣るのに一番お手軽で設備が整っているため、日本のテレビ局も数多く取材に来ています。 日本のナマズとは比べ物にならない凄い引きはまるで筋トレのようですが、大物釣りの醍醐味を楽しんでいただけます。釣り方はうき釣りで餌は『パン粉』『練り餌』『ココナッツミルク』が主となり、これらを混ぜて団子状にします。 自力で釣った巨大魚と記念写真などいかがでしょうか? 釣堀にはレストラン、コテージ、売店など完備されています。 ※ 平均メーターオーバー、中には3メートル300㎏の超大物も居ます。 【ツアーコード :CF-01】 お電話でご予約の際はこちらのツアーコードをお伝えください。 ※ 釣行予定日の3日前までにお申し込みください。  ■Mokoleyではバラマンディーのほ...
Mokoley

今年から釣りを始めよう!

  新年あけましておめでとうございます。 本年もMokoleyとよろしくお付き合いお願いいたします。 今年からタイで釣りを始めてみたい方々に当社「Mokoley(モコリー)」が毎月開催しております、月例定期ツアーのご紹介をさせていただきます。 ①バラマンディー定期ツアー 開催日は毎月第2土曜日になります。バラマンディーという魚については、当コラムで何度かご紹介させていただいておりますが、タイのルアー釣りでの釣り堀では一番ポピュラーなターゲットの魚です。 Mokoleyがバラマンディーという魚の養殖をしている池のオーナーと契約を結び、ツアーに参加されるMokoleyのお客様だけが釣りを楽しめる池にご案内いたします。ご参加料金はお一人様2500バーツ前後になります。 ②チャドー定期ツアー 開催日は毎月第三土曜日になります。チャドーは雷魚の一種で、タイでの天然環境でのルアー釣りではとても人気のある魚です。天然の野池での釣りになりますが、こちらもMokoleyが池のオーナーと独占契約を交わした池ですが、池自体は個人の持ち物ですので、通常は敷地に入...
Mokoley

日帰り可!アンダマン海での釣り、釣りのMokoley(モコリー)

  前回の続き、アンダマン海での釣り行程の具体案です。 日帰り案 朝一の飛行機でバンコクからプーケットに移動。 ドンムアン空港からは、タイ・エアアジアとノックエアはバンコク発が6時台、プーケット到着が7時半ごろ、スワンナプーム空港からは、バンコク・エアウェイズが同様の時間帯で飛んでいます。 乗船はプーケットから北に車で約1時間半のパンガー県の船着き場から。 朝一の飛行機でプーケットに到着すると9時半ごろには乗船できます。 釣り場は出船地からシミラン諸島までの海域、たくさんの人工パヤオが浮かんでいる海域を移動しながら探っていきます。帰港は夕方5時半ごろ、船着き場にシャワーもあり、空港への移動前にシャワー着替えも可能です。 再びプーケット空港まで移動、夜10時ごろの飛行機でバンコクに戻る。こんな感じの予定ですと、日帰りでも大物釣りを経験することも夢ではありません。 1泊2日案 日帰り同様のフライトでバンコクからプーケットに移動、車で船着き場に移動、乗船。釣り場はシミラン諸島からさらに西に進んだ深場での釣行。こちらは大物が期待されます。 ...
Mokoley

アンダマン海で大物釣り

  タイでの海釣りのフィールドは大まかに分けて、シャム湾(タイランド湾)側とアンダマン海側とに分かれます。  シャム湾はマレー半島の東側、バンコク都から南東、南西にいくつかの県が湾を囲んでいます。  アンダマン海は西側にあたり、アンダマン海に面する件はラノーン、パンガー、プーケット、クラビー、トラン、サトゥーンの6つの県がアンダマン海に面しています。  どの県もそれぞれの特徴があり、特にこれからのシーズン、観光地として知られるスポットはハイシーズンを迎えます。  釣りに関してもこれからの半年はベストシーズンを迎え、タイに滞在中、赴任中にぜひ大物を釣ってみたいと思っておられる方も多いことでしょう。  『釣りのことならMokoley(モコリー)におまかせ』のMokoleyでは、今年末からいよいよアンダマン海での船チャーターを開始します。  出船場所はパンガー県、カオラック、2004年のスマトラ島沖地震の際に来た津波で壊滅的な被害を受けた場所ですが、今はその面影がほとんどなくなるほどの急ピッチな開発で、南国らしい海辺のリゾートが立ち並ぶようになりました。プーケットと比べるとちょっと地味ですが...
Mokoley

シーズン到来! 「Mokoley(モコリー)」で海釣りに出掛けよう!

  タイに来られて間もない方々は、尋常でないタイの雨の降り方にショックを受けている人も少なくないと思います。 この憂鬱な雨季もそろそろ終わりに近づき、日本で冬に当たるこれからの時期、タイでは乾季にはいり、湿気の少ない過ごしやすい時期になってきます。 いよいよ本格的な海レジャーのシーズンが近づいています。釣りもこの時期、シャム湾、アンダマン海、どちらもいい釣果が期待できる時期になってきます。 『釣りのことならお任せ』の「Mokoley(モコリー)」は自社船が2艘、またヤマハシースタイルの海外マリーナオペレーション、それ以外に釣り船、スピードボート、ヨット、クルーザー、パーティーボートなどの契約船も多数あり、皆様の釣り、海遊びのご要望にお答えいたします。 週末に会社の仲間とのんびり釣りをしたい、ガッツリ大物釣りがしたい、日本からくる家族、友人と釣り+リゾートを楽しみたい、同僚の就任、帰任の打ち上げを大型ボート貸し切りでやってみたい、会社の接待にお手頃なクルーザー遊びをしてみたい、などなど、どんなご要望も一度ご相談ください。ツアーカウンターがお客様に...
Mokoley

Mokoleyでは各種釣りツアーを催行

  タイでルアー釣りをしたいが、どこで何を釣ればいいかわからない、バンコクから気軽に行けるところはあるの? 子供が友人と釣りをしたがっている、家族で釣りをしてみたい、などなどいろんなシチュエーションで釣りのチャンスを探している方、釣り具販売と釣りツアーの「Mokoley定期ツアー」に参加してみませんか? 道具のない方でも、レンタル釣竿(有料、要予約)があるので、手ぶらで来ていただいても大丈夫です。釣り経験のない方でもガイドが釣り方の初歩をお教えいたします。お一人様参加も大歓迎。 毎月の第2土曜日、バラマンディー定期ツアー、第3土曜日にチャドー定期ツアー、第4土曜日に海釣り定期ツアーを行っています。 バラマンディツアーはルアー釣りが初めての方でも楽しめる専用池での釣りとなっております。 チャドーツアーは当社からのお申し込みでしか釣りができない池で天然チャドーを狙います。 海釣りツアーは大型の釣り船で沖に出ます。釣った魚はすべてお持ち帰りできます。 ■Mokoleyではほかにも各種釣りツアーを行っています。詳細は下記の広告やホームページ(...
Mokoley

Mokoley(モコリー)主催の2017年度シマノカップ釣り大会

  Mokoley(モコリー)主催2017年度シマノカップ釣り大会開催のお知らせです。 大会参加定員は150名 (そのうち日本人の枠は15名のみになります) メインスポンサーはシマノ+モコリーです。1位賞品は14ステラC2500をはじめ、上位40位まで超豪華賞品を、また40位以下のアングラーにもさまざまな、商品、景品をご用意いたしております。参加賞はシマノ特製シャツ、ショッピングバッグ、キーホルダー、ボールペン、ステッカーなど、お楽しみ抽選会もご用意しております。この特別イベントに釣り仲間お誘いの上、ぜひご参加ください。 開催日:9月17日(日曜日) 開催場所 : チャチュンサオ県、コラコット養殖池(お申込みいただいた方には地図をお送りいたします) 申込期限 :9月8日 参加費用 :1600 バーツ (エントリー代、参加賞、昼食、飲料水含む) 今回より事前の銀行振り込みでのお支払いのみ受付となりました。お申込みいただいた方にはお振込先をメールでお知らせいたします。9月8日までにお申込み、お振込みを完了させていただくようになります。 ...
Mokoley

ジギングの面白さと魅力その②

  海釣りにおける、『ジギング』という釣り方について、何度かお話させていただいておりますが、今回もその続きになります。まずはおさらいで、ジギングとはなにか? 海でのルアーフィッシングの一種で「メタルジグ」と呼ばれる金属の塊を海底に落とし、落としたメタルジグをリズミカルに巻き上げ(しゃくる)泳いでいる魚を狙う釣りになります。 テレビの釣り番組でもジギングという釣り方をご覧になった方はいらっしゃると思います。 今までは、巻き上げスピードの速く軽快な動き主体のハイピッチジギングが多かったのですが、最近では、スロージギングなる釣り方が流行っています。 一体スロージギングとは何か。スロージギングとは、ジグをリールの初速とロッドの反発力でジグを弾きスロー用のジグを弱っている魚にみせかけ、リアクションで喰わせる釣法です。 ライトタックルでジグを底まで落としロッドを動かさずに、リールを1回転や2分の1回転、4分の1回転で底から10m位を探る釣りになります。 どちらかと言うと根魚向けの釣り方ですが、これが実に多魚種の魚が食いついてきます。...
Mokoley

釣りのジギングの面白さと魅力

  前回はジギングについて書いていきましたが、なぜジギングという釣りがここまで人気になり、多くの釣り人を魅了するのか。今回はジギングの楽しさや、魅力についてお伝えしていきます。 まず、ジギングの面白い所は細いロッドで大物が釣れ全てがダイレクトな所が良く、また釣れる魚も日本ではカンパチ、ブリ、ヒラマサやマダイ、ヒラメ、底ものなど高級魚のオンパレード。 タイの海でもスジアラ、ヒョウモンハタなど、各種の立派なハタから、イトヒキアジ、ヨロイアジ、ホシカイワリなど、大物アジ系も釣れます。 ジグに魚がアタックする瞬間もゾクッとする快感が味わえるます。また、前触れもなく中層で根掛りかと思うぐらいにビクともしない大きな魚もあれば、ジグに纏わりつくのが分かる魚もいます。 そして、何より釣れたという感覚より、メタルジグをしゃくり上げ自身で操作し釣ったという感覚が、ジギングの醍醐味だと思います。 メタルジグの動きはジグによって実に様々で、同じタイプの形状のジグでも全く異なる動きだったりします。 ジグの形状と合わせてウエイトバランス等が凄くシビアに...
Mokoley

ジギングとは何か?釣りのMokoley

  釣りをされたことのある方ならジギングというフレーズを耳にするかと思いますが、そもそもジギングとは何か? ジギングには興味があるが、何から始めたらいいのか、どんな釣りなのか分からない方もいらっしゃると思いますので、ジギングの釣り方から、楽しさや魅力・日本でのジギングスタイルなどを計3回に分けて書いていきます。 まず、第一回目のジギングとは? ジギングとは、ルアーフィッシングの一種で「メタルジグ」と呼ばれる金属の塊を海底に落とし、落としたメタルジグをリズミカルに巻き上げ(しゃくる)泳いでいる魚を狙う釣りになります。 ジギングには陸からのショアジギングと沖合のオフショアジギングとあり、オフショアジギングで狙う水深は幅広く、20mほどのライトジギングから、200mを超す沖のディープ層までと、マグロ、カンパチ、ヒラマサ、ブリ、ヒラメ、鯛、サバ、スズキ、サワラ、太刀魚、深海魚、フグ、根魚…、に至るまで、フィッシュイーターと呼ばれる魚はほとんどジギングのターゲットとして狙えるため人気の釣りとして確立しています。 今でこそジギングと呼ばれる釣りが...
Mokoley

釣りツアーの「Mokoley(モコリー)」では海釣りの定期ツアーを開催中

毎月第4土曜日は海釣り定期ツアー (最低催行人数8名)を催行しているのが釣り具販売、釣りツアーの「Mokoley(モコリー)」。 大型釣り船でゆったりとシャム湾の景色を楽しみながら、家族や友人と釣りに挑戦してみませんか? 釣り具を持っていなくてもレンタル釣り竿(1セット500バーツ、要予約)があるので、初心者も安心です。 なお、船上に用意されている調味料は醤油だけですので、それ以外の調味料はご持参ください。 5月の海釣り定期ツアー予定日は5月27日(土)です。釣り対象魚はシマアジ、イトヨリ、コロダイ、キス、イトヒキアジ等。大物ではバラクーダー、さわら等が釣れることも。 ほかに初心者向けの海釣りツアーとしてはパタヤ近郊の日帰りツアーと1泊2日の船中泊ツアーがあります。また、船が苦手な方には足場がしっかりしたゆれの少ない、いかだ釣りもあります。 大物釣りも楽しめますが、初心者や子供も安心のサビキを使った五目釣りをお楽しみいただけます。特に日帰りツアーなら、初心者、女性、子供にも釣りの楽しさを知ってもらうのに最適なツアーとなっております。...